貧困

沖縄の「子どもの貧困率」は全国平均の約2倍。原因にある沖縄特有の構造とは?

ダイヤモンド・オンライン | 投稿日 2017年05月15日

「沖縄が抱える貧困問題については沖縄戦の時代まで遡って考える必要があると思います。そこが連鎖の出発点ではないかと」

「アフリカの問題なんかより日本の問題に取り組め」と私を批判するあなたへ

原貫太 | 投稿日 2017年05月04日
原貫太

今私たちが生きるこの世界では「アフリカの問題」「日本の問題」と、こんなにも簡単に棲み分けて考えられるものだろうか。

Chika Igaya

なぜ沖縄では小学生が飲酒するのか?

HuffingtonPost.jp | Chika Igaya | 投稿日 2017年05月03日

沖縄で小学生や中学生が飲酒運転する事件が相次いだ。その背景には何があるのか。繰り返される暴力や虐待にさらされる少女たちを調査した「裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち」(太田出版)の著者・上間陽子さんに聞いた。

Chika Igaya

キャバ嬢の優歌は「いつもくるされてた」

HuffingtonPost.jp | Chika Igaya | 投稿日 2017年05月03日

「いつもくるされてた」。そう語るのは沖縄のキャバ嬢、優歌さんだ。「くるされる」とはひどく暴力をふるわれることを意味する。なぜ、沖縄の女性たちは殴られるのか。「裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち」(太田出版)の著者・上間陽子さんに聞いた。

2030年の世界のために、日本企業には何ができる? SDGsについて、そろそろ本気で語り合おう

未来メディア塾 | 投稿日 2017年04月30日
未来メディア塾

社会変革を起こそうとしたとき、鍵を握るのが社会と密接不可分な関係にある”企業”の存在だ。

改正住宅セーフティネット法が成立! まずはハウジングプアの全体像に迫る調査の実施を!

稲葉剛 | 投稿日 2017年04月26日
稲葉剛

空き家を活用した住宅セーフティネット事業は、今年の秋に開始される予定です。

立川生活保護廃止自殺事件

雨宮処凛 | 投稿日 2017年04月19日
雨宮処凛

調査団が結成され、真相究明が始まった。彼の無念に突き動かされるように多くの人が集まり、今、いろんな事態が動き出している。

アフガン帰還民への生活必需品配付が進行中です

AAR Japan | 投稿日 2017年04月05日
AAR Japan

パキスタン政府によるアフガン難民の本国への帰還政策が強化され、昨年から60万人以上がすでに強制的に帰還させられています。

ハイチ:被災者や障がい者を7年に亘り支援―活動を終了しました

AAR Japan | 投稿日 2017年03月30日
AAR Japan

2010年1月12日、カリブ海にあるハイチ共和国をマグニチュード7.0の大地震が襲いました。

(相対的貧困の一端)子どもが経験をするということ

工藤啓 | 投稿日 2017年03月22日
工藤啓

「皆」や「初めて」というキーワードが、まさに経験不足として蓄積されていくのが、子どもたちに共通するもののひとつです。

「私たちの世界を変革する」持続可能な開発目標ってどんなもの?(第十六回:目標1)

動く→動かす | 投稿日 2017年03月22日
動く→動かす

CAREは、今後も活動を通じ、地域の継続的な生活の向上、あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせることにつなげていきます。

恩返しではなく「恩送り」を。 子どもの貧困、支えてもらった私が「人を支えたい」

野口由美子 | 投稿日 2017年03月12日
野口由美子

「自分はつらいと思っちゃいけないのかな、と感じていました」(高原彩)

ギグ・エコノミーやクラウドワーカーの登場は新しい貧困を生み出すだろうか?:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年03月06日
ニッセイ基礎研究所

最近、ギグ・エコノミーやクラウドワーカーという言葉をよく耳にする。法的に保護されない彼らを放置しておくと、貧困や格差がより拡大する恐れがある。

自己責任論で若者の未来を奪うな!

神津里季生 | 投稿日 2017年03月03日
神津里季生

労働組合って労働者にとって一番身近な存在であってほしいと思っているんです。でも、若者の多くは、助けを求める選択肢としてイメージできない。

吉川慧

「死人が続出しないのが不思議」アニメーターの労働実態に反響続々 改善策はあるのか?

HuffingtonPost.jp | 吉川慧 | 投稿日 2017年03月02日

「読んだけどブラックなんてもんじゃ無い」

孤立する村を救え!寄付ではなく、「ソーシャルビジネス」で社会問題を解決する

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年03月02日
週刊ABROADERS

「ミャンマーの村の問題を解決するために、私に何かできるだろうか」そう思い、私はソーシャルビジネスに関わることにしました。

若手アニメーター、月給10万円未満が50%超 「死に体で支えている」苛酷な生活実態とは(調査結果)

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2017年03月03日

フルタイムで本業に従事しながらも十分な賃金を得られていない「低収入状態」であると言える。

上野千鶴子氏の発言を読んで思ったこと。

望月優大 | 投稿日 2017年02月13日
望月優大

上野氏の発言に対してネットを見ていると「移民を治安悪化に結びつけるな」「平等に貧しくなるはずなどないだろう」といった批判が多いようです。

小田原市役所に申し入れ〜「保護なめんな」ジャンパーの背景にあるもの

雨宮処凛 | 投稿日 2017年02月01日
雨宮処凛

小田原では、「生活保護とは」「福祉とは」「ソーシャルワークとは」という基本的な教育・研修などがなされていないのでは、ということだ。

「生活保護家庭の子は大学行っちゃダメ問題」が、国会で安倍総理にぶつけられました

駒崎弘樹 | 投稿日 2017年01月29日
駒崎弘樹

総理、ご存知ですか?生活保護の家庭というのは、現状においては大学や専門学校に入ることは認められていないんですよ。

「本当に困っているのは誰か?」と問う正義。大西連さんと「保護なめんな」ジャンパー問題について話したこと。

望月優大 | 投稿日 2017年01月27日
望月優大

小田原市の「保護なめんなジャンパー」問題から1週間。このテーマについてもやいの大西連さんと話したいと思い、Facebook Liveで1時間半ほど話しました。

小田原市だけじゃない。生活保護窓口で「体売って働け」「中絶強要」など実態をNPOが報告

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月23日

世田谷区では、DV被害者に「親に連絡を」との例も。

「他人事ではない」「構造的な問題」~お揃いジャンパー問題に各地の福祉事務所職員は何を思ったのか?(下)

稲葉剛 | 投稿日 2017年01月23日
稲葉剛

生活保護の仕事には専門性が求められ、他の法律や制度にも精通していることが必要です。しかし、実際は充実した研修もなく正確な法の理解がないまま仕事させられることも...

【改善させました!】「保護なめんなジャンパー」の小田原市ホームページは制度を利用させない「仕掛け」が満載だった。

稲葉剛 | 投稿日 2017年01月18日
稲葉剛

小田原市の生活保護行政は、生活に困窮している人たちに対して、ふだんどのような対応を行なってきたのでしょうか。

この8人の大金持ちは、世界人口の半分と同等の資産を持っている

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2017年01月16日

「大企業と超富裕層が税金を逃れ、賃金を下げ、政権に影響を与えることによって、いかに格差の広がりに拍車をかけているかを詳述している」