保坂展人

「長野県の水力発電所」から「世田谷区の保育園」への電力購入

保坂展人 | 投稿日 2017年04月05日
保坂展人

自然エネルギーを介した「自治体間連携」が始まりました。

「道徳教科書、パン屋を和菓子屋へ」になぜ違和感を覚えるのか

保坂展人 | 投稿日 2017年03月29日
保坂展人

私たちが捨てなければならないのは「忖度」です。

「共謀罪の閣議決定」と「国会答弁の羊頭狗肉」

保坂展人 | 投稿日 2017年03月21日
保坂展人

「陰謀罪=共謀罪」で処罰された裁判例が、「共謀罪がなければならない」という論拠になるわけがありません。

森友学園、「瑞穂の国」ならぬ「不条理の国」に

保坂展人 | 投稿日 2017年03月14日
保坂展人

「公教育の森本学園化」の影響は絶大です。

「共謀罪」ついに姿を現すが、 「3回廃案の焼き直し」そのもの

保坂展人 | 投稿日 2017年02月28日
保坂展人

すでに11年前に議論していたことで、何一つ新しい要素はありません。

「ふるさと納税」による「税源流出30億円」に直面して

保坂展人 | 投稿日 2017年02月21日
保坂展人

ふるさと納税が投げかけているのは、人口集中の進む「大都市部と地方」の問題です。

「共謀罪」論議で浮き彫りになった矛盾と「法務大臣の謝罪」

保坂展人 | 投稿日 2017年02月07日
保坂展人

予算委員会の法務省の準備は、極めて稚拙で合理性を欠いている。

「オルタナティブ・ファクト」と「共謀罪と呼ばないトリック」

保坂展人 | 投稿日 2017年01月31日
保坂展人

重要法案と言いながら、「法案」の内容すら、まだ開示されていないのです。

共謀罪はなぜ過去3回廃案になったのか

保坂展人 | 投稿日 2017年01月23日
保坂展人

「テロ等準備罪」という名称の本質は、「テロ」ではなく「等」に込められているのではないでしょうか。

青春の蹉跌(さてつ)――「自分は何者なのか」を果てしなく問い続けた

保坂展人 | 投稿日 2017年01月09日
保坂展人

焦りと諦念が交錯する「考え事の空回り」も、回数を重ねると予期せぬ福音をもたらします。

「忘却と風化」を超えて、「脱原発」へと舵を切る年に!

保坂展人 | 投稿日 2017年01月05日
保坂展人

日本が脱原発に舵を切れない理由は、「原発護持派が強すぎる」のではなく、野党が「脱原発で結束できない」という点にあります。

「出生数100万人」に届かず、「現在とまるで違う社会」へスイッチを

保坂展人 | 投稿日 2016年12月25日
保坂展人

「変わるわけがない」という「思考停止」からそろそろ解放されるべきです。

「LGBT当事者の声」から見えてきた「生きづらさ」を解消するための支援政策

保坂展人 | 投稿日 2016年12月14日
保坂展人

性的マイノリティの当事者の声から伝わってくるのは、子どもの時代に孤立し苦しんだ経験がある人が多く、当事者に届く支援や理解が乏しかったという現実です。

保育園整備の前に立ちはだかる「壁」に開いた風穴

保坂展人 | 投稿日 2016年12月14日
保坂展人

今回の「通知」によって保育園整備の「既存建物」の活用の幅が大きく広がります。

保育園に「既存建物を活用できない壁」に穴は開けられるか

保坂展人 | 投稿日 2016年11月30日
保坂展人

竣工後の「検査済証」がないことで、これまで「保育園開設予定物件」はボツになっています。

「学校の今を変える」ために――『公教育をイチから考えよう』を読む

保坂展人 | 投稿日 2016年11月22日
保坂展人

「理想の学校像は?」と聞かれると、必ず「教えない学校」と答えていました。

「いじめ」と「原発避難者差別」に苦しんだ少年は「生きる」を選んだ

保坂展人 | 投稿日 2016年11月16日
保坂展人

避難者を孤立させずに、コミュニティの中で支えていくことです。

「相模原事件」から3カ月、「優生思想」の根を絶つには

保坂展人 | 投稿日 2016年10月30日
保坂展人

3カ月前の事件後の報道ラッシュは、今や激減しています。このままでいいのでしょうか。

「車座集会の傾聴」で印象に刻み、「気づき」を政策に結実させるには

保坂展人 | 投稿日 2016年10月25日
保坂展人

小さな「気づき・着想」が、やがて地域コミュニティの「課題」ときり結び、さらに横断的に展開すると、住民にとっても目に見える変化が生じていきます。

「原発再稼働を認めない」 新潟県知事選挙米山氏の勝利の意味は限りなく大きい

保坂展人 | 投稿日 2016年10月16日
保坂展人

民進党が低空飛行を続けている原因も、新潟県知事選挙の結果で明らかになったのではないでしょうか。

「政権交代」から7年、「政策で勝負」の時代が始まっている

保坂展人 | 投稿日 2016年10月04日
保坂展人

「政策で勝負」の時代、自治体の現場から大いに実現可能な提案をしていきたいと思います。

相模原事件から2カ月。「優生思想」を根絶する社会へ

保坂展人 | 投稿日 2016年09月26日
保坂展人

私たちは、過去の教訓を未来に生かす知恵を研ぎ澄まさなければなりません。

自治体ごとに公表される「待機児童数の定義の統一」を求めて3年

保坂展人 | 投稿日 2016年09月21日
保坂展人

ようやく変化の兆しが現れてきたようです。

児童養護施設退所者支援の給付型奨学金に5カ月で1359万円

保坂展人 | 投稿日 2016年09月14日
保坂展人

「児童福祉というのは、終わる福祉なんです」

いま必要なのは政治の"徹底的なボトムアップ" ― 88万人のコミュニティデザインが社会を変える

Patriots | 投稿日 2016年09月09日
Patriots

政治家を目指す人の多くが「目立ちたい」だとか、「リーダーシップをふるって社会を引っ張っていきたい」と考えているのは残念なことです。