Ioc

Reuters

ソチオリンピック閉幕 IOCのバッハ会長「素晴らしい大会だった」

ソチ冬季五輪は、ロシア南部ソチのフィシュト五輪スタジアムで閉会式を行った。17日間にわたり開催された大会が幕を下ろした。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は「素晴らしい五輪だった。選手たちがとても満足してくれたことが何よりも大きい」とコメントした。

ずさんな新国立競技場

自民党の無駄撲滅プロジェクトチームは、東京オリンピックのメインスタジアムと言われている新国立競技場プロジェクトのヒアリングを行いました。
ベストチームオブ・ザイヤー

東京五輪招致チームに学ぶ「本当に伝わるプレゼン」の秘訣とは?――「ペラペラしゃべらない」「シンプルを極める」

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを実現させた招致委員会チーム。このチームを現場のリーダーとして引っ張ったのがミズノ前会長で招致委員会副理事長の水野正人さんです。水野さんはいかにこのチームとして1つにまとめ上げて、東京招致という成果を生み出したのでしょうか。

プレゼンでは大事なことは決められない

プレゼン型の意思決定は、どうでもいい問題を扱うときに最大の効果を発揮するのかもしれません。どのプランも大したちがいがないならば、「プレゼンの上手い人間がもっとも優秀だ」と考えてもたいていはうまくいくからです。
EPA時事

オリンピック開催地はどこに?

2020年夏季五輪の開催地はどこに――。東京、イスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)の3都市が争う招致レースの行方は9月8日未明(日本時間)、ブエノスアイレスで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まる。東京電力福島第一原発の汚染水漏れ事故による逆風がふくなか、東京でのオリンピック開催は実現するのか。ハフィントンポストでは、IOC総会の様子をLiveblogにてお届けします。

東北なら全面支持なのだが

もし東京が選ばれなかったなら(直近の報道でマドリード優勢というものもあるようだし)、それは福島のことが不安要素となったせいなのかもしれないから、それはそれでまた残念なことだ。しかしもしそうだとしても、前向きに考えたい。
Getty

オリンピック開催は儲かるのか:研究結果

この週末は、マドリードか東京、またはイスタンブールの街がにぎやかなお祝いムードに包まれることだろう国際オリンピック委員会(IOC)が2020年夏のオリンピック開催地をこの3都市のいずれかに決定することになっており、どの街も現在、開催を目指して競い合っているところだ。

オリンピック招致の裏側へ

日本陸連の会長を退任したオヤジが国際陸連からモスクワの世界陸上に招待されたため、免疫抑制剤と鞄を持って同行することになりました。(予備の肝臓を持っていくわけではありません!)国際陸連のディアック会長やハンガリーのシュミット前大統領等、オリンピック招致に関与するIOCメンバーとの「意見交換」が主な目的です。
Getty Images

室伏選手の訴え却下

陸上男子ハンマー投げの室伏広治選手(ミズノ)が昨年8月のロンドン五輪の際に行われた国際オリンピック委員会(IOC)選手委員選挙で選挙違反により当選無効とされた問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS、本部スイス)は22日、日本オリンピック委員会(JOC)と室伏選手がIOCの決定取り消しを求めた訴えを却下する裁定を下した...