JASRAC

JASRACの「音楽教室のレッスンでも著作権料徴収」方針に対抗、ヤマハなどが署名活動

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年03月27日

JASRACが音楽教室などで楽曲を使用する際にも著作権料を徴収する方針を決めたことを受けて、ヤマハ音楽振興会などがつくる「音楽教育を守る会」が署名活動を始めた。

JASRACを作曲家が提訴 アイドルグループ「ドリィムアビリティ」提供の曲を別人が登録

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2017年03月14日

アイドルグループに楽曲を提供したら、別人が作曲者として日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されていたとして、作曲家の男性がJASRACなどに対して著作権使用料を徴収しないように求める訴えを東京地裁に起こした。

宇多田ヒカル、JASRACの方針に意見 「学校では無料で使って欲しいな」

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年02月04日

JASRACが音楽教室でも著作権料を徴収する方針との報道に寄せてコメント。

JASRACの「レッスンでも著作権料徴収」方針に対抗、ヤマハなどが反対団体結成

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年02月03日

「音楽教育を守る会」を発足した。

JASRACが音楽教室からも著作権料徴収へ 年間10~20億と推計、ヤマハなど

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月01日

徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発している。

エイベックスがJASRAC離脱 音楽著作権ビジネスが活性化か

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2015年10月16日

音楽最大手のエイベックス・グループ・ホールディングスが、日本音楽著作権協会(JASRAC)に任せていた約10万曲の著作権管理を系列会社に移す手続きを始めた。

カバー曲をCD化する場合に作曲家サイドへのあいさつは必要か?

栗原 潔 | 投稿日 2015年06月23日
栗原 潔

今回は、もっと基本的な話としてカバー曲をCD化する時の元歌の作曲家に対して何が必要かという話をしましょう。

JASRAC「BGMの使用料を払え」 全国の施設に法的措置を取った理由は

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年06月12日

JASRACは協会が管理する音楽を無許可でBGMとして流しているとして、全国の美容院や飲食店などの258施設に対し、全国の簡易裁判所に民事調停を申し立てたと発表した。

JASRACは「新規参入妨害」確定 著作権料徴収で最高裁が判決

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年04月28日

「日本音楽著作権協会(JASRAC)は他事業者の参入を著しく困難にしている」とする判断が確定した。

JASRAC、ダンス教室からも新たに使用料徴収へ 必修科目化で需要増える

The Huffington Post | 投稿日 2015年02月12日

JASRACは4月から、社交ダンス教室以外のダンス教室からも使用料を徴取すると発表した。ダンス教室の需要が高まっていた。

非営利・無料・無報酬のCD鑑賞会にはJASRACの許可はいりません

栗原 潔 | 投稿日 2014年10月30日
栗原 潔

先日のエントリーで日本の著作権法では、非営利・入場無料・無報酬という条件であれば、著作物の上演・演奏・上映を権利者の許諾なしにできる規定になっていることを書きました。これにより、たとえば、学園祭の演し物として学生が入場無料のコンサートをやる場合には、JASRACの許諾はいりません(逆に言うと、入場料を取る場合には許諾がいります)。

キャバクラのJASRAC著作権使用料は米国と比べてどうなのか

栗原 潔 | 投稿日 2014年09月02日
栗原 潔

毎日新聞に「キャバクラ:生演奏「著作権を侵害」 東京地裁判決」なんて記事が載ってます。音楽そのものが売りであるライブハウスならまだしも、BGMとして音楽を使ってるだけでJASRACに金を払わなければいけないのはどうなのよという意見もあるかと思います。

著作権放棄により過去の恥ずかしい作品を葬り去ることができるのか

栗原 潔 | 投稿日 2014年05月09日
栗原 潔

ハフィントンポストに「泉谷しげるさん、2曲の著作権放棄を希望『ホント恥ずかしい』」なんて記事が載ってます。泉谷さんが20代に作った『自殺のすすめ』と『先天性欲情魔』という曲が、今となっては稚拙で恥ずかしいため、自作のすべてを演奏するライブシリーズで演奏したくないというところから出てきた話のようです。

iTunes Matchは日本の著作権法をクリアーしているのか

栗原 潔 | 投稿日 2014年05月03日
栗原 潔

米国から約2年半の遅れで、ようやく国内でもクラウド上にiTunesのライブラリを置けるiTunes Matchのサービスが始まりました。遅れに遅れましたし年間料金が3,780円と米国の24.99ドルと比較してお高めですが、やらないよりはやっていただいた方が全然良いのは言うまでもありません。外出時や旅行時に家のPCにしか入ってない音楽が聴けないなんてことがなくなるのは喜ばしいことです。

佐村河内守氏、著作権料の返還免除か 総収入1億円超

The Huffington Post | 投稿日 2014年02月13日

虚偽が明らかになった佐村河内守氏が、これまでに得た著作権料の返還を免れる方向だという。これまでのCDの売り上げやコンサート使用料などのいよる総収入は、1億円を超えると見られる。

「佐村河内守」楽曲の著作権は誰のもの?

弁護士ドットコム | 弁護士ドットコムトピックス編集部 | 投稿日 2016年05月18日

「現代のベートーベン」と絶賛されていた佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんの曲を、実際には別人が作っていたことが判明し、大きな波紋を広げている。佐村河内さんは2月12日、代理人の弁護士を通じて直筆の謝罪文を公表し、「本当に多くの人たちを裏切り、傷つけてしまったことを、心から深くお詫びいたします」と謝った。

JASRACは「ライバル企業を排除」と認定

The Huffington Post | 投稿日 2013年11月02日

テレビやラジオで流れる楽曲の著作権を管理する日本音楽著作権協会(JASRAC)について、東京高裁は11月1日「他業者の新規参入を排除する効果がある」と認定した。これは、著作権使用料の一括徴収方式が独禁法違反に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、適法とした公正取引委員会の審決を取り消した。