自殺

いじめ自殺、福島・飯舘村が子どもにメッセージ「必ず味方になってくれる人がいます。必ずです」

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年02月15日

「遠慮したり、『無駄だ』などと思わずに、すぐに相談してください」(飯舘村教育委員会)

愛知の中3男子自殺 遺族側は「学校に改善をずっとお願いしていた」

朝日新聞社提供 | 朝日新聞デジタル | 投稿日 2017年02月12日

遺族は生徒が悩んでいたことは学校側も把握していたはず、と指摘している。

「苦しかったんだね」自ら命断った、性同一性障害の"娘"。カミングアウトで退職強要されたと母は訴え

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月04日

8年前の冬、ある性同一性障害者が自ら命を絶った。名は「優子」。女性の体に男性の心を宿し、その相克にさいなまれ続けていた。

子どもの心に配慮した根拠ある教育を

森戸やすみ | 投稿日 2017年01月23日
森戸やすみ

私たち大人は、本人にはどうすることもできないリソースによって悲しい思いをする子どもがいるのを看過してはいけません。

NHK職員、受信料の収納業務で数十万円を着服か 内部調査直後に自殺

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月10日

受信料の収納業務で数十万円を着服した疑いのあるNHK職員が社内調査開始直後に自殺した。

若者自殺年間6000名。助けては言えないけど「支えたい」は言える若者。

石井綾華 | 投稿日 2016年12月30日
石井綾華

"抱えている悩みをどうしていいかわからない"若者の心の兆候が見えて来ます。

退職強要されて自殺したソニー社員、なぜ労災と認められなかったのか?

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年12月21日

「子供や高校生の姉ちゃんでもできる仕事しかしていない」などと上司に言われていた。

人に助けを求めることは、その人に迷惑をかけることではなく、幸せを与える行為です

黒岩揺光 | 投稿日 2016年12月13日
黒岩揺光

多くの人がSOSを出せない中、なぜ私は出せたのか。

女子中学生がいじめ苦に自殺か、メモ残す 兵庫・加古川

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2016年11月18日

兵庫県加古川市で9月、中学2年の女子生徒(当時14)がいじめがあったことをほのめかすメモを残して自殺した。

【電通】違法な長時間残業の疑いで、厚労省が強制捜査 新入社員女性の過労死事件受け

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年11月06日

違反があれば刑事事件として書類送検する方針という。

電通、染みついた鬼十則とは 「取り組んだら放すな、殺されても放すな」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月27日

1991年8月。電通に入社して2年目のラジオ局(当時)の男性社員が自宅で自殺した。24歳だった。

広告業界という無法地帯へ

前田将多 | 投稿日 2016年10月25日
前田将多

電通という会社、広告業界という特殊な世界については、少し知っていることがある。

女性ならではの視点で政治への挑戦を ―自分にしかできないことを信じて

Patriots | 投稿日 2016年10月22日
Patriots

政治の世界に女性や若い人の挑戦が増えることを願っています。

黒石写真コンの「波風を立てない方がいい」について

坂之上洋子 | 投稿日 2016年10月22日
坂之上洋子

自殺した人は苦しい。そして残った家族はもっと苦しいです。そして同時にまわりにいた人も苦しいんです。そして最後の苦しみは、限りなく見えにくい。

電通は2度も是正勧告を受けていた 新入社員女性の自殺前、長時間労働是正されず

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月19日

勧告後も違法な長時間労働が改善されず、常態化していた可能性がある。

日本的ナルシシズムとうつ病の難治化・自殺の問題について

Arinobu Hori | 投稿日 2016年10月18日
Arinobu Hori

「まじめないい人がうつ病になる」というのは、精神医学で「執着気質」や「メランコリー親和型」などのうつ病になりやすい性格が論じられたことを単純化した表現で...

包囲されたシリアの都市マダヤで、自殺を図る子供たちが急増している

The Huffington Post | Willa Frej | 投稿日 2016年09月09日

深刻なうつ病や被害妄想が悪化している。

Chika Igaya

どうしたら若者の自殺を止められる? 自殺希少地域の「ひとの話をきかない」強さ

HuffingtonPost.jp | Chika Igaya | 投稿日 2016年09月05日

精神科医・森川すいめいさんが、自殺が少ない地域を旅して体験したことをまとめた「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」(青土社)」が今、注目を集めている。なぜ「その地域の人たちは人の話を聞かない」のか、さらに訊ねてみた。それは、深刻な社会問題となっている若者の自殺をどうしたら防ぐことができるのか、ということにもつながっていく。

Chika Igaya

精神科医が旅した「自殺希少地域」 生きづらさを減らす仕組みとは?

HuffingtonPost.jp | Chika Igaya | 投稿日 2016年09月05日

自殺で亡くなる人が少ない「自殺希少地域」と呼ばれる地域を旅した精神科医、森川すいめいさん。2016年7月に上梓した「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」(青土社)には、そうした場所には「生きづらさ」を減らす仕組みがあると書かれていた。それは一体、どのような仕組みなのだろうか?

「もっと大人を信じてもらえる社会に」虐待・貧困の子どもを支える3keys

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年09月02日

社会から孤立する前に「裏切らない大人もいる」と伝えたい。(3keys・森山誉恵さん)

「死んじゃだめだ。辛いなら、逃げればいい。」--9月1日は18歳以下の子供が最も多く自殺する日

原貫太 | 投稿日 2016年08月31日
原貫太

どんなに親不孝と言われても、どんなに問題児と言われても、辛いなら今は逃げればいい。後から絶対に取り返せるから。

自殺と自己愛(後編) ―人生の辛い時期を乗り越えるために

櫻井隆充 | 投稿日 2016年08月30日
櫻井隆充

「自己愛」は病気ではありません。自己愛は人間に必要なもので、程度の問題と言えます。では、辛い時期をどうやって乗り越えるのでしょうか。

「死にたい」と男が線路に→電車が迫る→間一髪で救出【動画】

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年08月30日

警官が線路から男をどかしたすぐ後に、電車が猛スピードで通過した。

「いじめ、二度としないで」とスマホに遺書 青森で中2女子が自殺か

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2016年08月29日

青森市に住む中学2年の女子生徒(13)が25日に電車にはねられて死亡した事故があり、遺族が29日、スマートフォンに残されていた生徒の遺書の一部を公開した。

自殺と自己愛(前編)

櫻井隆充 | 投稿日 2016年08月28日
櫻井隆充

われわれは、どうすれば自殺を回避することができるのでしょう?