Ka

Google子会社、細菌に感染した蚊2000万匹を市街地で放つ なぜ?

TechCrunch Japan | 投稿日 2017年07月16日
TechCrunch Japan

ボルバキア菌に感染している蚊をリリースする規模としては、アメリカでは過去最大である。

世界最小最強の殺人兵器「蚊」に私たちは何ができるか

長島美紀 | 投稿日 2017年04月17日
長島美紀

2分に一人、蚊による病気が原因でヒトが命を落とす。

蚊に刺されやすい4つの理由「どうして私だけ?」

The Huffington Post | Lindsay Holmes | 投稿日 2016年09月06日

蚊は、こんな魅力のある人に惹かれています。

ジカ熱対策にとって大切なこと

久住英二 | 投稿日 2016年06月08日
久住英二

ジカ熱対策にとって大切なこと。それは、蚊に刺されないようにすることです。ただ、日本の虫除け剤では、昼休みの時間には効果が切れてしまいます。何故なのでしょう?

そしてまた「国語」を記していると:境界線上の『キューバ危機』

林晟一 | 投稿日 2016年07月21日
林晟一

昨夏から今春にかけて、マントン&ウェルチ『キューバ危機:ミラー・イメージングの罠』(中央公論新社)の翻訳を手がける機会をいただいた。

夏の夕方 頭の上に突如現れる「虫の群れ」の正体知ってますか?

しらべぇ | 投稿日 2016年06月18日
しらべぇ

たとえば、夏の夕方。外を歩いていて小さな虫の群れに遭遇したことはないでしょうか。「うわ、口に入った!」

マラリア蚊をロボットで退治 12歳の少年が発明

The Huffington Post | Robbie Couch | 投稿日 2014年10月25日

ダラスに住む12歳の少年デビッド・コーエンは、毎年およそ627,000人が亡くなっているマラリアを撲滅するために蚊を駆除するロボットを発明。全米の中学生を対象にした科学技術コンテストに出品した。

デング熱で敵視される蚊...この世から蚊がいなくなったらどうなるのか?

しらべぇ | 投稿日 2014年11月14日
しらべぇ

日本中で感染者が広がっているデング熱。その媒介者として注目されているのが蚊です。一体、蚊はどれほど危険な生き物なのでしょうか。もしも世界中から蚊がいなくなったらどうなるのでしょうか? イメージが先行しがちな蚊について、様々な角度から調べてみました。

海外ではどうなの? デング熱について考えてみよう

TABIZINE | 投稿日 2014年11月07日
TABIZINE

蚊を媒介して感染するデング熱。連日のようにデング熱の話題が報道されているため、都内在住の人は恐怖に感じているかもしれません。でもデング熱って、実はそれほど珍しいものではありません。4年近く滞在していた東南アジアでは「家族がデング出血熱にかかって入院してるよ」なんていう話もちらほら耳にしていました。デング熱はご存知でも、デング出血熱はまだ聞き慣れないかも?

Lynne Peeples

デング熱の脅威がアメリカにも? 蚊やダニが温暖化で北上中

HuffingtonPost.jp | Lynne Peeples | 投稿日 2014年09月08日

ワシントンD.C.に住む9歳のルイサ・マリア・バスケス・クルスちゃんは2013年、かかりつけの小児科医から、一風変わった処方箋を受け取った。そこには「外でもっと長い時間遊ぶように」と書かれていたのだ。

デング熱、新たな国内感染は神宮外苑か外濠公園 新宿御苑は閉鎖

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年09月06日

東京・代々木公園と周辺以外で、デング熱に国内感染した2人目の患者が確認された。厚生労働省が6日、発表した。東京都23区内の60代男性で、代々木公園の東にある明治神宮外苑や外濠(そとぼり)公園を訪れており、ここで蚊に刺されて感染したとみられるという。

デング熱、蚊が近づく色は避けて 服の上から虫よけスプレーを

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年09月04日

デング熱は、ウイルスを持った人を刺したヒトスジシマカが、別の人を刺すことで感染が広がる。ヒトスジシマカの寿命は30~40日程度。