カリフォルニア

カリフォルニアの砂漠一面に咲き乱れる花 秋冬の雨で長年の干ばつが解消される

The Huffington Post | Hilary Hanson | 投稿日 2017年03月20日

「レイク・エルシノアでは広範囲にオレンジ色のポピーが咲き、地元で交通渋滞が起きています」

73歳おじいちゃん、マッチングサイトで知り合った女性にデートをすっぽかされる。ネット民も悲しみに暮れる

The Huffington Post UK | Rachel Moss | 投稿日 2017年03月18日

孫「おじいちゃんはとても悲しんでいました」

プログラミングで囚人の社会復帰を手助け 刑務所に再入所する悪循環を断つ

TechCrunch Japan | 投稿日 2017年03月11日
TechCrunch Japan

カリフォルニア州の囚人の75%以上が、出所1年後も就職できていない。そんな現状を、「プログラミングを通じて変える」と一人の男が決意した。

全米一高いダムの排水路が崩壊危機 19万人に避難勧告【UPDATE】

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2017年02月13日

高さ230メートルを誇るアメリカで最も高いダム「オロヴィルダム」の緊急排水路に穴が見つかった。

ハリウッドサインが一夜にして「ハリウィード」に 大麻支持者の仕業?(画像)

The Huffington Post UK | Graeme Demianyk | 投稿日 2017年01月01日

いったい何だこれは。

謎に包まれた生態のシャチ、サメを襲う ドローンの貴重な映像

The Huffington Post | Ed Mazza | 投稿日 2016年12月17日

「沖合型シャチは発見が難しく、その生態がほとんど分かっていない」

アメリカ民主党の希望の星カマラ・ハリス氏、目指すは初の女性大統領か

The Huffington Post | Mollie Reilly | 投稿日 2016年11月24日

2020年、トランプ氏に挑むかもしれない。

故人が当選、どういうこと? トランプ氏当選の大統領選と同日、カリフォルニア州で衝撃の選挙結果

The Huffington Post | Nina Golgowski | 投稿日 2016年11月10日

対立候補に6ポイント差をつけて当選。

バッシャーン!!! 高さ40メートルから港へ、命知らずの飛び込み(動画)

The Huffington Post | Ron Dicker | 投稿日 2016年10月20日

今回は本当にやりすぎだ。

文学の力で識字率の低下を食い止めたい 若者支援団体「Get Lit」のユニークな活動とは【動画】

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月03日

低い識字率を上げるため、カリフォルニアで始まったユニークな取り組みとは

カリフォルニア州エルカホンで武器を持たない黒人男性が射殺 持っていたのは電子タバコ

The Huffington Post | Matt Ferner | 投稿日 2016年10月01日

映像には、武器を持たないオランゴさんが射殺される場面が映っている。

小鳥を救ったのはキュートな「ぞうり」だった(画像)

The Huffington Post | Landess Kearns | 投稿日 2016年09月09日

小さいけれど、大活躍するぞうりです。

義足を盗まれた4歳少年に心温まるプレゼント 支援の輪が広まる

The Huffington Post | Kimberly Yam | 投稿日 2016年08月01日

「私は『どうしてこの子はこんなことが言えるんだろう』と思いましたよ」

お巡りさんがパパ・ママに教えてくれた、迷子を防ぐとっておきの方法

The Huffington Post | Caroline Bologna | 投稿日 2016年06月23日

たくさん人が集まる場所に子供を連れて行く親の皆さんに、教えて上げたい。

カリフォルニア銃乱射:容疑者宅の中からの生中継、〝ナイトクローラー〟と非難される

平 和博 | 投稿日 2016年12月06日
平 和博

「ナイトクローラー」の主人公とニュース番組ディレクターのコンビが、MSNBCのリポーターとアンカーに、二重写しになった人々も少なからずいたようだ。

カリフォルニア州のヨガの聖地エンシニータスは天国に近い町(前編)

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2016年11月08日
TRiPORT(トリポート)

アメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルスとサンディエゴの間に「Encinitas(エンシニータス)」という小さな町があります。

アシカちゃん、海の王者サメと死闘(画像)

The Huffington Post | Carla Herreria | 投稿日 2015年11月05日

食うものが食われる側に回る瞬間。

「翻訳が、私の人生の幅を広げてくれた」 アメリカ人翻訳家が語る翻訳のコツとは

My Eyes Tokyo | 投稿日 2016年09月29日
My Eyes Tokyo

毎年9月30日は「世界翻訳の日」です。記念して、ある一人の翻訳家をご紹介します。日本を愛してやまないアメリカ人、ダニエル・ペンソさんはなぜ日本に惚れたのか......

アメリカとオーストラリアの留学生獲得戦略はなぜ成功したのか

シェアーズカフェ・オンライン | 投稿日 2016年09月17日
シェアーズカフェ・オンライン

政府は、東京五輪までに外国人留学生を30万人に増やすという。達成するには、残り5年で11万5000人増やさなければならない。どこかの国に成功例はないだろうか。

ガイドブックに載らないロサンゼルス郊外の不思議アートスポット13選

Yuki Toy | 投稿日 2016年08月17日
Yuki Toy

有名絵画を展示する郡立美術館から、新生アーティストやライブパフォーマーが夜中まで盛り上がりを見せるダウンタウンのアートウォークまで、街中に芸術がいっぱいのロサンゼルス。

落雷を受けても無事だったのは、手をつないでいたから。これが電撃愛。

The Huffington Post | Cameron Keady | 投稿日 2015年08月11日

恋愛は人を傷つけるものだ。しかしこの10代カップルは例外だったようだ。

「死ぬ権利」根強い反対でカリフォルニア州では成立せず

The Huffington Post | Lydia O'Connor | 投稿日 2015年07月09日

カリフォルニア州では「医師による安楽死を認める法案」が6月4日に上院で可決されていたが、カトリック教徒が多い地域出身の議員からの反対を受けて下院への提出が断念された。しかしこの法案の推進者たちはまだ諦めていないようだ。

サーファー向けのお洒落なビーチホテル10選

Tablet Hotels | 投稿日 2016年07月02日
Tablet Hotels

湘南や生見海岸に物足りなくなったら、思い切って海外へ。近郊ビーチがオフシーズンでも、スリリングな波は世界のどこかで必ず見つかるもの。

"どピンク"の自転車で、私は日本中の大きな愛に触れました

My Eyes Tokyo | 投稿日 2016年07月01日
My Eyes Tokyo

何をしたら良いか分からなず、涙がポロポロ出てきて、どうしようもなく悩む。行き詰まって私は聞きました・・・グーグル先生に。

行きたい国がありすぎる人はとりあえず「マカオ」へ!

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2016年06月04日
TRiPORT(トリポート)

マカオには「派手なカジノ」と「懐古的な世界遺産」という二面性がありますが、混沌としたマカオの魅力はこれだけではありません。様々な国の特徴が融合された、独特な色を持つ不思議な国だったのです。