家庭

svetikd via Getty Images

高学歴女子が新・専業主婦を目指す時代

かつて斎藤美奈子は『モダンガール論』の中でこう言った。「女の子には出世の道が二つある。立派な職業人になることと、立派な家庭人になること。職業的な達成(労働市場で自分を高く売ること)と家庭的な幸福(結婚市場で自分を高く売ること)は、女性の場合、どっちも「出世」なのである」。

自分の股間をちゃんといじれない子どもたち

性にまつわる情報なんてものは、その大半が曇りがかっているもの。ならばと、その殆どをシャットアウトしてしまう。「子どものことを思って正しい性知識を」と口を揃えるのだろうが、言うまでもなく自分の股間の洗い方を知らない30代は、正しい性知識とはもっとも遠いところにある。