家族

都会で暮らし、遠方の親を看取るということ。母の病気の発覚と、家族の戦い。

山本裕介 | 投稿日 2017年07月11日
山本裕介

父が入院することになった2009年11月からちょうど4年後の2013年11月、今度は母に大腸ガンが見つかりました。

「17人の子どもは元気です」天国に旅立った父に贈る家族写真

HuffPost | Caroline Bologna | 投稿日 2017年07月03日

この特別な家族写真が、人々のあらゆる感情をかき立てる。

「所在不明」の子、全国に28人 住民票があるのに実態わからず、虐待などの可能性も

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月29日

調査の過程で居場所がつかめた子どもを含め、虐待が疑われるケースも多い。

お祭りでの嬉しかったひととき。-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(33)

すくすくパラダイスぷらす | 投稿日 2017年06月27日
すくすくパラダイスぷらす

こもたろが2年生の頃、家族で地元のお祭りに行った時の話です。

セサミストリート、虹色のキャラクターに込めたメッセージ「あらゆる家族をサポート」

HuffPost Japan | 笹川かおり | 投稿日 2017年06月25日

「多様な家族のために立ち上がってくれてありがとう」の声も。

キャンプのススメ【後編】 デメリットはひとつもナシ キャンプを通じて学んだこと

LAXIC | 投稿日 2017年06月22日
LAXIC

どんな状況でも楽しめる力=生き抜く力に通じていると思うので、キャンプはその力を存分に鍛えてくれると思います。

「キッズウィーク」と「休み方改革」-「教育政策」か「労働政策」か:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年06月22日
ニッセイ基礎研究所

”キッズウィーク”を名称通り「チルドレン・ファースト」の教育施策という視点から考えることを、ゆめゆめ忘れてはならない。

キャンプのススメ【前編】 未経験でも大丈夫  子連れキャンプの不安、解消します

LAXIC | 投稿日 2017年06月22日
LAXIC

漠然とした不安を解消しつつ、まずは無理しないでキャンプデビューを楽しむための方法をご紹介します。

家族からフェードアウトして、ひとりになってみること #だからひとりが好き

| 投稿日 2017年06月18日
青

電話に出ないから警察を呼ぶという母親の非常識な行動を目の当たりにし、もう限界だった。

「婿養子」は日陰者か?

田中ひかる | 投稿日 2017年06月15日
田中ひかる

「婿養子」といえば体裁の上がらない男として扱われることが多く、世間には「○○さん、婿養子になったんだって」と聞いて失笑をもらす人さえいる。

「国民的スター選手」メジャー欠場で沸き起こった社会現象--舩越園子

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年06月13日
新潮社フォーサイト

問題は卒業式が全米オープンの初日と重なることだ。

子どもはいつも親の顔色を伺っている 〜そこから学んでいることとは?

LAXIC | 投稿日 2017年05月20日
LAXIC

子どもは、もしかしたら人生に大切な2つのことを学んでいるのかもしれません。

「結婚」と「離婚」の間で-「つながりたい」のか、「つながれたくない」のか:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年05月10日
ニッセイ基礎研究所

東日本大震災を機に親子の絆、夫婦の絆、地域の絆など、さまざまな「絆」の大切さが再認識された。

ゴールデンウィークに子連れと会ったら、してほしい1つのこと

駒崎弘樹 | 投稿日 2017年04月30日
駒崎弘樹

ゴールデンウィークに子どもや家族連れに会ったら、ぜひ試してみてください。レッツ口角アップ!

11歳の孫と70歳の「じじ」の文通、お別れの便りはわずか5行だった

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年04月22日

さいたま市の瀬戸くるみさん(14)は3年前、祖父に初めて手紙を書いた。

私たち「一つの場所に落ち着きたくない」世代です

Unwritten | 投稿日 2017年05月09日
Unwritten

郊外の大きな家は欲しくない。私たちが大切にするのは「経験とつながり」

「ひとり花見」を楽しむ人の割合が増えていることが調査で判明 「思い立った時、自分本位に」

The Huffington Post | 泉谷由梨子、吉川慧 | 投稿日 2017年05月31日

アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は調査で「ひとり花見」が定着しつつあると分析している。

「タブーを払拭するのは、ポジティブ」 SHELLYさんが小さい頃から大事にしている性の会話

投稿日 2017年03月09日

リアルな女の人の悩みとか社会の不平等とか、女性として生きていくことのハードルとかについてちゃんとみんなが話せる場を作りたい。

お姉ちゃんが嬉しそうに話してくれたこと-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(29)

すくすくパラダイスぷらす | 投稿日 2017年02月10日
すくすくパラダイスぷらす

「お母さん、私、今日はすごく鼻が高かったよ」

子どもは必ず家族に感謝しなくてはならないのか?~2分の1成人式から考える~

りぃな | 投稿日 2017年02月06日
りぃな

毎年、多くの小学校で『親や家族に対して、日頃言えない感謝を言いましょう』という(ほぼ強制的な)機会が与えられる。その顕著な例が、「2分の1成人式」である。

延命治療の代わりにできること-死に逝く人に「寄り添う」ために

佐藤由美子 | 投稿日 2017年01月31日
佐藤由美子

「もし延命治療をしないのであれば、私はいったい何をしてあげられるのか」

母親・仕事人・妻...... 3つの役割の中で あえて『妻』という存在について考えてみる【後編】

LAXIC | 投稿日 2017年01月27日
LAXIC

みなさん「夫婦」の時間ってどうしていますか?

母親・仕事人・妻...... 3つの役割の中で あえて「妻」という存在について考えてみる【前編】

LAXIC | 投稿日 2017年01月25日
LAXIC

働きながら、子どもとの時間をつくり、家事に追われ...... ワーママの皆さんは日々、自分のいろんな顔を使い分けていますよね。

妹出産のときの姉の気持ち―仲良し姉妹の日常(5)

すくすくパラダイスぷらす | 投稿日 2017年01月21日
すくすくパラダイスぷらす

出産当日の朝起きると、なんと上の子39度の高熱。

大切な人を失った時、あなたはどんな「送りびと」になりたいですか?

黒岩揺光 | 投稿日 2017年01月08日
黒岩揺光

宗教とは関係なく、私のやり方で、妻をあの世へ送り出す「お別れ会」を開くことにした。