携帯電話

 

あまり使われなくなったテレホンカード、実は今も身近なお店で手に入る

1980年代中盤、電電公社(現在のNTT)がテレホンカード、国鉄(現在のJRグループ)がオレンジカードを世に送り出した頃から、磁気式プリペイドカードが普及した。しかし、今は携帯電話や交通系ICカードにとってかわられており、それらを見かける機会はかなり少なくなっているようだ。