金メダル

時事通信社

「税金を投入したのにメダルが取れなかったという議論は恐ろしい」 為末大氏が訴える

2001年、05年の世界陸上男子400m障害の銅メダリスト、為末大氏(38)が8月15日、自身のTwitterで「税金を投入したのにメダルが取れなかった」という議論に改めて反論した。国費を投入して育成したオリンピック選手が、大会で成績不振だった場合に責任を問う風潮に一石を投じた。
KAZUHIRO NOGI via Getty Images

フィギュアスケートの羽生結弦さんも理系女子の小保方さんも「現代のベートーベン」も、みんな同じだ。

期待に答えた彼は英雄と言っても過言ではないが、一つだけ気になる事があった。このような報道に対し「彼の競技と東北の復興は何も関係ない!羽生さんのスケートの技術だけを報じろ!」というマスコミ批判が無かったことだ。
時事通信社

フィギュア小塚、羽生らの活躍を祝福

フィギュアスケートの小塚崇彦が、17日付の自身のブログで、ソチ五輪に出場した男子フィギュアの羽生結弦(1位)、町田樹(5位)、高橋大輔(6位)の活躍を祝福するとともに、五輪代表の座を巡って、“因縁”にもなった高橋を真摯にねぎらった。