勤務時間

 

「世界一過酷で難しい仕事」の条件とその報酬とは?

55年も昔の話になる。その人は、世界で一番過酷な仕事についた。新規事業部長とでもいう職で、最高度のマネジメント能力とおそるべき忍耐、心理学と教育に関する知識も必要とされるポジションだ。十数個におよぶプロジェクトが同時進行し、自分の手を汚す必要もあれば、深い人間洞察力と勇気によって難しい判断を迫られるときもある。