国家戦略特区

内閣改造で株価を急騰させた「塩崎効果」

新潮社フォーサイト | 投稿日 2014年09月05日
新潮社フォーサイト

安倍晋三首相は9月3日、内閣改造を行い、第2次安倍改造内閣が発足した。首相を除く18人の閣僚のうち6人を留任させ安定感を維持する一方で、ポスト待望から大型改造を求める党内の声に応え、8人の初入閣大臣を誕生させた。さらに、女性閣僚を2人から5人に増やし、安倍首相が主張する「女性活躍」を実践してみせた。だが、安倍内閣の高い支持率の背景にあるのは経済再生への期待である。景気の息切れが懸念される中で、アベノミクスを貫徹することはできるのか。改造内閣の布陣が盤石なのかどうか、検証してみよう。

外国人労働者、家事にも受け入れ 秋に関西の特区で

朝日新聞デジタル | 清井聡 | 投稿日 2014年06月14日

政府は、地域をしぼって規制を緩める「国家戦略特区」で、外国人労働者を家事サービスの分野で受け入れる方針を固めた。「18歳以上、単身での入国」などの条件で、関西圏(大阪、京都、兵庫の3府県)の特区で今秋にも受け入れを始める。掃除や洗濯など家事の負担を減らして女性の就労を促すため、これまで慎重だった家事分野での受け入れに踏み出す。

わが国の国際競争力の強化への期待をこめて

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2014年08月12日
ニッセイ基礎研究所

日本は世界競争力ランキング(総合順位)を前年より3ランク上げ21位となり、その理由として、経済政策(アベノミクス)の円安効果によって輸出競争力が向上したことなどが挙げられている。

福岡市「法人税率15%に」 特区で引き下げ案

朝日新聞デジタル | 磯部佳孝、長崎潤一郎 | 投稿日 2014年05月31日

地域を絞って規制を緩める「国家戦略特区」に指定された福岡市は、法人税の実効税率を15%程度に引き下げる規制緩和策を、国に追加で求める方針を固めた。対象は創業から5年以内の企業に限るものの、国内外から投資を呼び込んで新しいビジネスを起こしてもらい、地域経済の底上げにつなげる狙いがある。

「福岡移住はベストチョイスだった」|カズワタベの働き方と選択

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2014年07月15日
CAREER HACK by enjapan

フリーランスのプランナー・ディレクターとして活躍し、「東京・福岡の2拠点生活」を始めたカズワタベさんへのインタビュー。福岡に移住した動機、働き方、そして熱視線を浴びる福岡の現状について伺いました。

自由取引が幸福を呼ぶというウソ

シェアーズカフェ・オンライン | 投稿日 2014年06月16日
シェアーズカフェ・オンライン

行動経済学には、帰属のエラー(attribution error)という言葉があります。これは自分のまわりで発生する事象を、知覚的に目立った情報や刺激を受けた印象で決めつけてしまうことを言います。

東京圏の医学部新設をめぐり日本医師会が反発

The Huffington Post | 投稿日 2014年04月02日

国家戦略特区で医学部新設を検討するとした政府の決定に、日本医師会が反発を強めている。

成長戦略第2弾は「廃業支援」など規制改革がカギ 大田弘子氏

ロイター | インタビュアー:吉川裕子、編集:田巻一彦 | 投稿日 2014年01月22日

大田弘子・政策研究大学院大学教授(元経済財政担当相)は、今年6月にまとめる清涼戦略の第2弾について、規制改革や転業・廃業支援など、「阻害要因除去」型による民間投資・産業の新陳代謝を促す内容に傾斜すべきと指摘した。

国家戦略特区、選定議員に竹中平蔵教授ら 雇用規制の緩和は進むか

The Huffignton Post | Chitose Wada | 投稿日 2014年01月10日

政府は、「国家戦略特区」の対象地域を決める「国家戦略特区諮問会議」の民間議員に、慶応大学の竹中平蔵教授ら5名を選んだ。竹中氏は労働規制の緩和について「岩盤規制を崩していく」と述べている。

日銀・黒田総裁、失速気味な「第3の矢」を懸念

ロイター | 伊藤純夫 編集:北松克朗 | 投稿日 2013年11月22日

この日の会見でアベノミクスの評価を問われた黒田総裁は、「第1の矢」の金融緩和、「第2の矢」の財政出動を含めて「日本経済を緩やかに回復させており、今後も回復が持続すると思っている」と成果を強調。その上で「なかんずく第3の矢といわれている成長戦略が非常に重要」と切り出し、「成長力を底上げするための成長戦略の実行を加速し、強化することが極めて重要だ」と訴えた。

「国家戦略特区」法案を閣議決定

The Huffington Post | 投稿日 2013年11月04日

政府は、大都市などに限定して大胆に規制緩和をする国家先着特区法案を閣議決定した。内閣府に「国家戦略特区諮問会議」を設置し、首相のトップダウンで改革を行うという。政府は今後、同法案の今国会成立を目指し、年明けに全国3〜5カ所を特区に指定する方針だ。

解雇規制緩和を断念 アベノミクスは公共事業を軸に

ニュースの教科書 | ニュースの教科書編集部 | 投稿日 2013年10月22日

政府は10月17日、国家戦略特区における解雇規制の緩和を見送る方針を固めた。当初政府では、戦略特区において解雇要件を事前に明確化すれば解雇を自由とする新しい措置の導入を検討していた。だが全国一律の雇用ルールを求める厚生労働省が慎重な姿勢を示したことや、解雇が容易になるとして労働組合が強く反対したことなどから、結局、導入を断念した。

公設民営学校は、なぜ国家戦略特区に盛り込まれたのか

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2013年10月19日

政府は「国家戦略特区」における規制緩和の一つに、公立学校運営の民間委託を認める「公設民営学校の設置」を検討することを正式に決定した。「公設民営学校の設置」とは何か。なぜ「公設民営学校の設置」が国家戦略特区に盛り込まれるのか。

解雇特区、事実上見送り 規制緩和メニューが決まる

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2013年10月18日

安倍政権が成長戦略の柱の一つとする「国家戦略特区」の規制緩和メニューが18日、決まった。焦点の「解雇ルールの明確化」は緩和色が大きく後退。解雇トラブルの事例をまとめた「雇用契約の指針」を政府がつくり、企業に助言する案に落ち着いた。政府内の意見対立もあって特区案は二転三転。当初の「解雇特区」は事実上、見送りになった。

政府が解雇特区を見送った背景とは?

ロイター | ロイターニュース編集部 | 投稿日 2013年10月17日

甘利明経済再生相は18日の閣議後会見で、雇用特区について「一部のマスコミが『解雇特区』や『ブラック特区』と書いたが、もとより(それらを)つくる予定はない」とし、「柔軟な雇用制度がなければ生まれない仕事・投資を生み出していく」との意向を示した。

霞が関の抵抗文法

河野太郎 | 投稿日 2013年12月16日
河野太郎

すべての大臣が本部員の会議体など、形式的な抵抗会議になるのが明白だ。総理が所信表明で、実行あるのみと演説しているそばから、霞が関が抵抗を始めた。まさかこの動きに同調しようとする自民党議員はいないと思うが。

雇用特区について

河野太郎 | 投稿日 2013年12月15日
河野太郎

雇用特区の目的は、起業後の企業やグローバル企業が優秀な人材を集めやすくする、また、優秀な人材がより働きやすい雇用形態を作ろうというものだ。新ルールは、もちろん、雇用特区に指定された地域に限定され、弁護士や会計士などの専門資格を持った者、あるいは博士号や修士号を持った者が対象となる。

臨時国会「安倍カラー」前面 その理由は

The Huffington Post | 投稿日 2013年10月14日

第185臨時国会が10月15日召集される。7月の参院選で衆参の「ねじれ」が解消された後、初の本格的な国会となる。安倍晋三首相は「成長戦略実行国会」と位置づけ、産業競争力強化法案など政権肝いりの法案の成立を目指す。日本版NSC(国家安全保障会議)創設法案や特定秘密保護法案など「安倍カラー」を前面に打ち出している。野党側は...

「国家戦略特区」労働時間特例は先送り

朝日新聞デジタル | 清井聡、山本知弘 | 投稿日 2013年10月04日

安倍政権で「国家戦略特区」の検討を進める有識者ワーキンググループ(WG)の八田達夫座長(阪大招聘〈しょうへい〉教授)が4日記者会見し、特区で解雇などの規制緩和をする対象を「弁護士らの専門職と院卒者」に限ることを明らかにした。

「解雇特区ではない」給料は2倍、でもオリンピック終わったらクビ

The Huffington Post | 投稿日 2013年10月02日

甘利内閣府特命担当大臣は10月1日夜に記者会見し、雇用関連の特区について「解雇特区ではない」と述べた。雇用の柔軟性や、流動化を促すなどの特区については、今後検討を行うとし、東京オリンピックなどのプロジェクトでの具体例を上げて、雇用形態の説明を行った。

「解雇特区」何が変わるのか?

朝日新聞デジタル | 山本知弘 | 投稿日 2013年09月29日

安倍政権が構想する「国家戦略特区」で、従業員を解雇しやすくしたり、労働時間の規制をなくしたりする特区の導入が検討されている。政府は今秋の臨時国会に関連法案を出したい計画だ。特区をつくるねらいは何か。働き手にどんな影響があるのか。

「解雇特区」を政府が検討って本当?

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2013年09月22日

政府は雇用の流動化を促す「特区」の設立について検討を進めている。この特区においては、労働者に一定の金額の報酬を支払えば、労働時間の縛りを無くしたり、企業の判断で従業員を解雇しやすくするとされる。具体的にはどのようなものだろうか?

橋下市長が「能力主義」特区を提案

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2013年09月22日

橋下徹大阪市長は9月11日、政府が募集している「国家戦略特区」案に対し、能力主義を推し進める競争型の「チャレンジ特区」案を、大阪市と大阪府が共同で内閣府に提出すると発表した。大阪府の御堂筋エリアに進出する企業に対し、労働者に一定の報酬を支払えば、労働時間の規制を緩和したり、企業の判断で労働者を解雇しやすくするという内容だ。

アベノミクス第三の矢、あるいはTINAについて

安倍晋三 | 投稿日 2013年09月01日
安倍晋三

日本を強くていい国に、世界の公共財を進んで守り、平和と安定に誰より貢献することができる国とし続けていくために、いま、私たちは努力を始めようとしています。20年たったら、こんなに変わったと、もっと驚いてもらわなくてはなりません。

「達成するまで政策を打ち続ける」

ロイター | 石田 仁志、基太村 真司 編集;田巻 一彦、宮崎大 | 投稿日 2013年08月04日

安倍晋三首相は5日昼、内外情勢調査会で講演し、「国家戦略特区」の創設や対日投資の加速策などを盛り込んだ成長戦略の第3弾を発表した。成長戦略を実現することで「10年後には1人あたりの国民総所得(GNI)を現在の水準から150万円増やすことができる」という...