国際連合

国連:LGBTの人権に関する画期的な閣僚級会合

ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表のケネス・ロスは「世界各国の閣僚級が参加した本日の会合では、性的指向と性自認(ジェンダー・アイデンティティ)に基づく迫害をなくすべく、各国が画期的な関与の姿勢を表した」と指摘。「国連と各国の双方に課された課題は、この姿勢を行動に移すことである」と述べる。