国籍

安倍首相のダバオ訪問で残された宿題 / 残留2世救済に政治決断を

柴田直治 | 投稿日 2017年01月19日
柴田直治

日系2世らは戦後長く現地で厳しい差別、迫害に苦しみ、多くは「日本人の子」であることを隠してきた。

「純粋な日本人」って何? 「ハーフ」でアイドル西田藍さんの問い 大反響のブログ、現在の思いは?

withnews | 投稿日 2016年11月24日
withnews

きっかけは、民進党代表の蓮舫議員が日本と台湾の二つの国籍を持っていると批判された問題でした。

私は日本人です。

蓮舫 | 投稿日 2016年09月09日
蓮舫

家族が本人に責任のない中傷誹謗にあうのは母として耐えられませんでした。

大学が外国人留学生比率を設けることに賛成ですか

為末大×AERA 白熱ウェブ | 投稿日 2016年06月19日
為末大×AERA 白熱ウェブ

ハーバード大学には、人種を基にした学生受け入れ方針があるそうです。この方針によって入学条件を満たしたアジア系の志願者が入学を制限され、憲法上の権利を侵害しているとして、擁護団体から提訴されたというニュースが流れました。

「日本はイスラム教への理解が乏しい」 宗教・国籍の壁に悩む子供たち

朝日新聞デジタル | 榊原一生 | 投稿日 2015年05月11日

水泳教室に通う生徒たちがプールサイドに集まり始めた。7歳のナーイラ・クッロトゥ・アイニさんも水着姿で入ってきた。腕や足は紫の長袖、長ズボンで覆われている。その上からみんなと同じ紺色の水着を着ける。水泳を習い始めて3カ月。「周りの目は、あまり気にならなくなった」という。

「日本人の」の不思議と危うさ――異端的論考6

小笠原泰 | 投稿日 2015年01月16日
小笠原泰

道徳教育を義務化し、評価するようでは、異能な人々を生み出すことの前提である、疑念を持って自ら「考える」人材は生まれないであろう。

ハーグ条約に日本が加盟 子供の奪い合いは元の居住国に戻すルールに

朝日新聞デジタル | 杉原里美、田村剛、ワシントン=大島隆 | 投稿日 2014年04月02日

結婚が破綻(はたん)した夫婦のどちらかが国外に子どもを連れ出し、相手から返還を求められた場合、原則、子を元の居住国に戻さなければならなくなった。

浦島花子が見た日本

Nobuko Oyabu | 投稿日 2014年03月30日
Nobuko Oyabu

「軽やかに生きる」こと自体が、日本では難しい。どこに行っても世間体が付きまとうからだ。女はこうだ、男はこうだ、規則ですから、普通はこうですからと、何かにつけて言い訳がましいことを言う人が多いばかりか、「ほらそうでしょう」と言わんばかりの電車の中の雑誌の宣伝。そんな「常識」から外れてる人間はこの日本社会ではどうにもなりません、とでもいうかのような風潮。

「日本企業に女性はいらない」は本当か

ロッシェル・カップ | 投稿日 2014年03月01日
ロッシェル・カップ

先日、日経ビジネスオンラインで『「日本企業に女性はいらない」が、経営学者の総論』というタイトルの記事を見て、とても驚いた。実際記事を読んでみると、そのようなことは書かれておらず、さらに当惑した。目を引くために意図的にセンセーショナルな見出しを付けたのではないかと思われる