広野町

ふたば未来学園

細野豪志 | 投稿日 2017年03月10日
細野豪志

6年が経った。もう一度、「福島を忘れていないか」と自らに問いかけたい。

高野病院のことを安定して存続させることのできない日本社会ならば、避難指示が出された原発事故被災地への住民の帰還を促進することを正当化することはできない

Arinobu Hori | 投稿日 2017年02月05日
Arinobu Hori

東京電力福島第一原子力発電所に最も近い病院である福島県広野町の高野病院が、昨年末の高野英男院長の急逝によって存続の危機にあることが報じられている。

新たな経験の現れ

Arinobu Hori | 投稿日 2017年01月15日
Arinobu Hori

人が構造的暴力に巻き込まれている時に、そこから離脱することは容易ではない。

「震災後、何かしたい気持ちずっと...」院長死亡で常勤医ゼロの福島・高野病院、2カ月限定の医師赴任へ

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月11日

一方で、4月以降は引き続き常勤医は不在。

「福島の医療崩壊は、どこでも起こりうる」原発22キロ、常勤医ゼロの高野病院の危機を救え

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月09日

「常勤医が見つかりました、じゃ、後はがんばって」でいいのでしょうか?(尾崎章彦医師)

高野病院、院長死亡か 病院敷地内で火災【福島県双葉郡】

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年12月31日

福島県広野町下北迫の高野病院の関係者から30日午後10時半ごろ、病院敷地内にある院長宅で「煙が充満している」と119番通報があった。

震災で壊れた恐竜、復元へ 愛嬌あるチンタオサウルス

A-port | 投稿日 2017年03月17日
A-port

福島県広野町の、チンタオサウルスという恐竜の全身復元骨格。被災して大きく壊れ、そのままになっていたが…

「新しい社会の建設が使命」ふたば未来学園高校の入学式で、校長が1期生に語ったこと(全文)

猪野元健 | 投稿日 2015年04月15日
猪野元健

東日本大震災による津波と原発事故の二重の被害を受けた福島県双葉郡の広野町に、県立ふたば未来学園高校が開校しました。入学式で校長先生が新入生に向けて語ったこととは――。

震災後から働き始めた原発作業員の方々が抱える問題

吉川彰浩 | 投稿日 2015年02月09日
吉川彰浩

震災後に働く方々が安心して働ける環境は「福島原発構内」だけで収まりがつきません。震災により失われた「基盤」を新たに作りあげなければいけません。

福島県の地域分類の紹介

吉川彰浩 | 投稿日 2015年01月16日
吉川彰浩

まずは県外の方々へ福島県の地域分類を理解していただき、そして次回以降の記事を読まれる際の基本情報として扱っていただきたいと思います。

「町に帰らないのは放射線量が理由ではない」 避難を続ける福島県民の本音【東日本大震災】

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2014年07月14日

福島第一原子力発電所の事故によって一時は全町民に避難が指示された福島県の広野町で6月11日、「幸せな帰町とは何か」を考える国際シンポジウムが開かれた。

「原発には興味があっても、福島には興味が持たれない」被災地ボランティアの苦悩

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2014年05月21日

「福島第一原発には興味がある人は多いけど、復興に向けて活動する福島の自治体には興味が持たれない」そんな課題を解決しようというワークショップ形式のイベントが、5月18日、日本財団(東京都港区)のボランティア支援プロジェクト・CANPANの主催で行われた。

【3.11】町民より廃炉・除染作業員の方が多い町の「生きる道」

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2014年05月21日

福島県双葉郡広野町。福島第一原子力発電所から20km圏ラインのすぐ外に位置するこの町は、原発が存在しないにもかかわらず、震災以降は原発事故収束・最前線の町となった。町民が町に戻るためには何が必要なのか。将来を見据えてどのような舵取りを行うのか。2013年11月に行われた町長選で現職を下し当選した遠藤智町長に話を聞いた。

【3.11】100年後の未来のために「ひろのオリーブ村」が植える苗木

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2014年07月04日

映画「魔女の宅急便」のロケ地伴った小豆島は、100年前に植えられたオリーブが町の一大産業となっている。その小豆島から遠く離れた福島県双葉郡広野町。東京電力の福島第1原子力発電所から20〜30キロに位置するこの町で、オリーブの木を植えている人たちがいる。

和田千才

【3.11】原発作業員を支える元東電社員と、事故収束・最前線の町

HuffingtonPost.jp | 和田千才 | 投稿日 2014年03月11日

原発がなかった福島県の広野町に、原発事故で大量の原発作業員がやってきた。この街で今起きていることは何か。原発作業員を支える元東電社員に聞いた。