骨董

大野左紀子

河童と猪口

いろいろな物に手を伸ばし手に入れようとして、結局握った手に最後まで残っているのは、こういうチープな物だったりするのかもしれない。物としての価値はない、思い出だけの品。