キャンプ

「退屈の練習」:電子機器と子供のサマーキャンプ

私は、息子の社会的存在のすべてが、彼の持つテクノロジー製品に依存していることに気づいたのです。彼のスマートフォンは、音楽を聴いて、楽しい時間を過ごし、友達と会話し(もっとも、実際に会話するのではなく、文字のやり取りに近いものですが)、友達の投稿にコメントし、写真に「いいね」を押すためのものです。今どきの子供たちは、本当の意味での交流をしてはいません。