#Ladiesbeopen

生理休暇の取得1%割れ その理由は? 「体調不良なら休暇を自由に取れる環境を」の声も

HuffPost Japan | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年05月25日

なぜ取得率がこれほど低くなったのか?

アラフォーが、20歳のころの体重に戻ろうキャンペーンをしてみた

市川衛 | 投稿日 2017年05月25日
市川衛

ダイエットに、「義務感」ではなく「ワクワク」を。

「13歳の頃の私は...」ビキニ姿を投稿した女性が、本当に伝えたいこと

HuffPost | Carly Ledbetter | 投稿日 2017年05月27日

「ビキニを着て、微笑みましょう。

「見た目問題」で自分を恥じていた彼女は、いまモデルとしてカメラの前に立っている【画像】

HuffPost Deutschland | Babette Habenstein | 投稿日 2017年05月25日

「人は誰でも、その人らしい美しさを持っているもの。それが、伝統的な美しさでも、大きくても小さくても、パワフルでも細くても、肌が白くても黒くてもね」

「実はこれ、私です」人気モデル、あえて加工された写真を投稿。その理由は...

HuffPost Japan | Satoko Yasuda | 投稿日 2017年05月24日

「写真を修正したって幸せにはなれない」モデルのイスクラ・ローレンスは、完璧を目指さないで欲しいと伝える。

日本女性は、なぜ異常に外見にこだわるのか

東洋経済オンライン | 投稿日 2017年05月23日

遠くから来た新しいコンセプトはいつでもまぶしい。

美人じゃなくて良かった

宋美玄 | 投稿日 2017年05月19日
宋美玄

アラフォー産婦人科女医、宋美玄です。色んなメディアでたくさんの美しい人たちと一緒にしれっと出させていただいてきましたが、外見はずっとコンプレックスなのであります。

「体型が変わって着られなくなった服は交換」ファッションブランドの新サービスに喜びの声

The Huffington Post | Jamie Feldman | 投稿日 2017年05月19日

「女性が、サイズからいじめを受けているような気持ちになってはいけない」

有村架純、美しき縦割れの腹筋を披露 体質改善の告白ブログから半年

HuffPost Japan | Chitose Wada | 投稿日 2017年05月18日

有村架純が縦割れの美しき腹筋姿をInstagramで披露した。「デビュー当時は、無理な減量でかなり痩せました」ブログでの告白から約半年後のことだった。

「もう食べたくない。誰かわたしを止めて」 6年間の摂食障害を越えて、向き合った自分のカラダ

野邉まほろ | 投稿日 2017年05月18日
野邉まほろ

大学4年生になった春。「過食症」という摂食障害を6年抱えていた当時のわたしが、この病気と本気で向き合おうと決めた日だ。あの日から、ちょうど2年。今年の春、わたしは大学を卒業した。

「体を分類しないで」女性の体型をしたUKの「ダヴ」ボディウォッシュに、思わぬ非難が殺到

The Huffington Post | Natasha Hinde | 投稿日 2017年05月12日

多様性を伝えようとしたけれど…「どのボトルも自分じゃない」。

「大嫌いです」 自分のカラダにそう言い続けることを一旦やめてみようと思う。

井土亜梨沙 | 投稿日 2017年05月11日
井土亜梨沙

私たちはこのカラダへのプレッシャーとどう戦っていけばいいのだろうか。

ワコール海外不振でも、ぽっちゃり女子向けブランド「Elomi(エロミ)」は好調

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年05月10日

同じ英国会社の傘下のブランド。

痩せすぎモデルの活動は禁止、ファッションの中心地フランスで法律施行 画像修正も...

HuffPost Japan | 生田綾 | 投稿日 2017年05月08日

この法律によって、モデルたちは肥満度を示す体格指数(BMI)が低すぎず、健康体であることを証明する医師の診断書を提出するよう義務付けられる。

「大声じゃなくて、私のつぶやき」が世界を変える

河合真美江 | 投稿日 2017年05月02日
河合真美江

大声じゃなくて、女のつぶやき。それが響き合えば、明日の一歩が踏み出せるんじゃないか。

「ゴムつけて」「性感染症は大丈夫?」大事なのに伝えにくいことを伝える方法とは

市川衛 | 投稿日 2017年05月01日
市川衛

性感染症の予防について考えた時、「気にかかっていることをオープンに伝える」ことは大きな力になるはずです。

「生理痛がつらい」と言っても仕事は任せてもらえるのか 上司の"本音"を聞いてみた

井土亜梨沙 | 投稿日 2017年04月29日
井土亜梨沙

「体調をオープンにすることの意味を感じたのは、ある上司のもとに異動になった時です」働く女性向けウェブメディア「ウートピ」編集長の鈴木円香さん

15人の女性、七色にペイントして「どんなカラダも違ってて素敵だよね」

HuffPost Japan | Jamie Feldman | 投稿日 2017年04月27日

「ボディ・ポジティブになろう」、女性みんなにメッセージを発信した。

「生理痛が激しい、はっきり言う」生理休暇考えるイベント、企業の取り組みとは

HuffPost Japan | 関根和弘 | 投稿日 2017年04月26日

女性の生理と働き方について考えるハフポストジャパン主催のイベントが4月25日、東京都港区であり、約20人の女性らが聴き入った。企画「Ladies Be Open」の関連。

衛生はグローバルな人権

ヒューマン・ライツ・ウォッチ | 投稿日 2017年04月27日
ヒューマン・ライツ・ウォッチ

適切かつ安全な下水施設・衛生施設を確保する努力は、すべての人が衛生への権利を持っていることに根ざすべきである。

ピルを飲むと「気分が落ち込む」可能性がある。研究者が発表

The Huffington Post Canada | Chloe Tejada | 投稿日 2017年04月24日

しかし研究者たちは「ピルの服用をやめて欲しいわけではありません」としています。

脱毛症で髪が抜けた女の子、キラキラヘアスタイルで登校(画像)

The Huffington Post | Taylor Pittman | 投稿日 2017年04月20日

ある日突然髪が抜け始めた、7歳のジアネッサさん。ママと一緒に素敵なヘアスタイルを考えてみました。

私が「完璧」なカラダを諦めた理由

Kathleen Shumate | 投稿日 2017年04月19日
Kathleen Shumate

「どうして20代の一番美しい時のスタイルを諦めなければならないの?」と思う人もいるのではないか。

Satoko Yasuda

「生理がつらいのに働くのは非効率」 Pairsを作った女性が生理休暇をすすめる理由

HuffingtonPost.jp | Satoko Yasuda | 投稿日 2017年04月16日

「生理痛でつらくて働けないような時には休んだ方が生産性があがる」って本当?

生理って「女性」特有のもの? 友人から返ってきた答えは

松岡宗嗣 | 投稿日 2017年04月19日
松岡宗嗣

たとえば自身のことを「男性」だと思っているのに、生理と向き合う人もいるはずです。