メンタルヘルス

悲しみを乗り越えるための6つのヒント

佐藤由美子 | 投稿日 2017年03月14日
佐藤由美子

嬉しいことがあったとき、心からその喜びを感じることができるようになるでしょう。

悲しいのは当たり前?― グリーフについて知らなかった4つのこと

佐藤由美子 | 投稿日 2017年03月08日
佐藤由美子

グリーフは生きていくうえで避けては通れないものですが、それとどう向き合うかは誰も教えてくれなかったように思います。

心の病を抱えながら旅をするって、こんな気持ちです(イラスト)

The Huffington Post | Lindsay Holmes | 投稿日 2017年02月22日

言葉で説明されてもなかなか理解できない「心の状態」、イラストだと理解しやすいかも。

原体験から将来を考える

坂本諒 | 投稿日 2017年02月06日
坂本諒

現状は、全て自分自身の思考と選択の結果です。自分の人生に責任を持ち、自分の幸せに責任を持ち、人間力を高めていきたいと思います。

いじめを機に14歳で統合失調症に、女性の「人生が変わった」理由とは?

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年01月31日

失ってしまった自信や能力を回復し、その人らしく生きることを支えます。

量子画像化技術でうつ病診断・治療を目指す

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年01月21日
ネイチャー・ジャパン

患者が的確な診断を得られるようになれば、回復を支援する仕組みにつながる率は高まることだろう。この研究に引き続き注目していきたい。

子どものYouTuberを見ていると不安になる

熊代亨 | 投稿日 2017年01月10日
熊代亨

なにか恐ろしい出来事の現場を目撃しているような気持ちになってしまうのだ。

若者自殺年間6000名。助けては言えないけど「支えたい」は言える若者。

石井綾華 | 投稿日 2016年12月30日
石井綾華

"抱えている悩みをどうしていいかわからない"若者の心の兆候が見えて来ます。

「1,2,3で45度おじぎ」を徹底指導...文科省が推進するアクティブラーニングに逆行する学校現場。「子どもたちに考えさせる」という当たり前のことができない背景には何が?

海津敦子 | 投稿日 2016年12月20日
海津敦子

「運動会で種目に勝ったときには万歳を2回する。手のひらは内側に向け、腕も指先もしっかりと伸ばすように指導。」文京区内のある小学校で実際に行われた指導です。

大きな変化という目的地にたどり着くには、小さな一歩が必要ということ

飯野哲夫 | 投稿日 2016年12月09日
飯野哲夫

小さな変化とは、小さいだけにトライしやすいものです。

集団の習慣という束縛

田辺寿夫 | 投稿日 2016年12月04日
田辺寿夫

集団の習慣を変えるのことが嫌だった人たちも、こちらから歩み寄っていけば、こちらを受け入れる心のゆとりもできてくるものです。

嫌な思い出を書き換える簡単なテクニック

小杉茂 | 投稿日 2016年11月28日
小杉茂

つまり、記憶に意味をつけているのはあなただ。

マッチョ志向の男性は、心の病を抱えやすい?(アメリカの研究)

The Huffington Post | Carolyn Gregoire | 投稿日 2016年11月24日

「自分はプレイボーイだ」「女性にもてる」と、思っていませんか?

誰でも鬱になりえる社会で働くということ

遠藤真美 | 投稿日 2016年11月23日
遠藤真美

「精神的な疾患も、肉体的な疾患と同じように捉えられるようになれば、もう少し楽に生きられるのにな......」

顕在意識と潜在意識

田辺寿夫 | 投稿日 2016年11月21日
田辺寿夫

顕在意識と潜在意識は「海に浮かんだ氷山」のようなものと例えられることが多いです。

潜在意識と無意識の違い

田辺寿夫 | 投稿日 2016年11月21日
田辺寿夫

潜在意識と無意識。同じもののように感じている人が多いと思います。

自分を大切に思えない時のはじめの一歩

岡田沙織 | 投稿日 2016年11月15日
岡田沙織

自分を大切にしてあげる行動を繰り返すことで少しずつだけど自分を大切にすることの価値が実感できる。

福・禄・寿(ふく・ろく・じゅ)は人生の目標

田辺寿夫 | 投稿日 2016年11月14日
田辺寿夫

七福神としても有名な神様の名前でもあるので、聞いたことがある。という人も多いと思います。この福禄寿は人生の三大目標とも言われていています。

人間性を高めていくための五段階の欲求

田辺寿夫 | 投稿日 2016年10月30日
田辺寿夫

自分を知って、自分の目指すべき目標を見つけていきましょう。

心の健康と快適な職場づくりのために『ストレスチェック制度』導入の意義と活用

連合 | 投稿日 2016年10月29日
連合

メンタルの不調は、早期に対処しないと回復に時間がかかることが少なくありません。

下手な依存だってあるさ、人間だもの

熊代亨 | 投稿日 2016年10月29日
熊代亨

元来、人間は群れて生きる性質を持っていた生物ですから、「依存」という要素を除外して生きることは、本来、あり得ないことのはずです。

ストレスチェック制度元年 導入の経緯と今後の課題を解説

連合 | 投稿日 2016年11月04日
連合

ストレスチェック制度とは何か、それを職場でどう活かせばいいのか、制度創設の背景と意義、制度運用の課題を探った。

産業医って、そんなに魅力ないですか? 会社を辞めて産業医として目指すこと

coFFeedoctors | 投稿日 2016年10月20日
coFFeedoctors

産業医になりたく、5年務めた大手企業を辞め、30歳を目前にして医学部へ編入した尾林誉史先生。彼の、産業医に対する思い、産業医として目指すことを伺いました。

「周りの期待に沿えていない」高機能不安障害の人は、こんな気持ちを抱えています

The Huffington Post | Allison Fox | 投稿日 2016年10月17日

だけど、見た目は冷静な努力家。不安障害を抱えているようには見えません。

医療スタッフにも音楽療法を―良いケアを実践するためのセルフケア

佐藤由美子 | 投稿日 2016年10月17日
佐藤由美子

音楽療法は病気や障がいをもった人たちばかりではなく、健康な大人のセルフケアにも有効なのです。