メルケル

ドイツ、メルケル与党が州議会選で勝利 総選挙の前哨戦

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月26日

9月の総選挙に向け、主要政党の「首相候補」が出そろってから初めての州議会選。

「オバマ政権のトランプ氏盗聴」騒動は大西洋を超え、支持率最低を更新

平 和博 | 投稿日 2017年03月21日
平 和博

トランプ大統領による「オバマ大統領がトランプタワー盗聴」疑惑は、さらに奇妙な話になった。

トランプ大統領の「オバマ氏が盗聴」主張、FBI長官も「証拠なし」 ホワイトハウス以外の関係者が全否定

The Huffington Post | Amanda Terkel | 投稿日 2017年03月21日

機密情報をトランプ氏に提供しそうな人間は、誰一人彼を支持していない。

トランプ大統領、メルケル首相と握手を促されるも完全無視 その一部始終をカメラは捉えた(動画)

The Huffington Post | Willa Frej | 投稿日 2017年03月18日

とても気まずかった。

メルケル首相は難民問題の解決を訴え、トランプ大統領はそれを無視した

The Huffington Post | Alana Horowitz Satlin , Willa Frej | 投稿日 2017年03月18日

トランプ氏は「移民は特権であり、権利ではない。国民の安全が常に優先される」と語った。

トランプ大統領「オバマ氏が盗聴」となおも主張 その根拠は「FOXニュースが言ってた」

The Huffington Post | Arthur Delaney , Amanda Terkel | 投稿日 2017年03月17日

「この件については私ではなく、FOXに聞いてほしい」

メルケル4選を脅かす「SPDシュルツ」の強みは「低学歴」「中央政界経験なし」--佐藤伸行

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月08日
新潮社フォーサイト

「首相を狙えるSPDの候補がようやく出て来た」

ドイツでは、難民への襲撃事件が毎日10件起きている

The Huffington Post | Lydia O’Connor | 投稿日 2017年03月02日

難民と難民を収容する施設、難民ボランティアやボランティア団体が標的となった。

ドイツのメルケル首相、トランプ氏の大統領令を批判「難民受け入れは国際社会の義務」

The Huffington Post | Alana Horowitz Satlin | 投稿日 2017年01月31日

「イスラム教のような特定の信仰や出身国を理由に、全員に疑いをかけることは正当化できない」

ベルリンで起きたテロとメディアの反応に思うこと

藤沢祐子(wasabi) | 投稿日 2016年12月22日
藤沢祐子(wasabi)

私は基本的にリスクはどこにでもある、と思っています。重要なのはリスク管理で、私が「デジタルノマド」になったのはそのリスクを最大限に減らすためでもあります。

IS系サイトが犯行声明 ベルリンのテロで世界が哀悼のメッセージ

The Huffington Post | Jesselyn Cook | 投稿日 2016年12月20日

ドイツは国中が哀悼の雰囲気に包まれている。

トランプ氏、タイム誌「今年の人」に 「大変な名誉だ。しかし......」

The Huffington Post | Hayley Miller | 投稿日 2016年12月08日

「いろいろあるが、タイムはとても重要な雑誌だ」

メルケル首相、ドイツ国内でのブルカ、ニカブの着用禁止を支持

The Huffington Post | Willa Frej | 投稿日 2016年12月06日

「私たちの法律は社会儀礼や、部族や家族間のルール、そしてシャーリア(イスラム法)より優先されます」

ドナルド・トランプ新大統領、これまで批判していた各国首脳の反応は?

The Huffington Post | Willa Frej, Jesselyn Cook | 投稿日 2016年11月10日

ヨーロッパ諸国の反応は複雑だ。

「難民は気持ちの悪い害虫だ」とドイツの政治家は言った。

望月優大 | 投稿日 2016年09月21日
望月優大

いま、国連に代表される「超国家的な連携」という人類の夢が危機に瀕している。人々が気づかないうちに、その危機は二つの形で静かに進行している。

【後編】ドイツはなぜ難民を受け入れるのか?政治的リーダーシップと強靭な市民社会

難民支援協会 | 投稿日 2016年09月19日
難民支援協会

難民を受け入れる準備ができていないと言う人がいますが、それではいつになったら準備ができるのでしょう...

【中編】ドイツはなぜ難民を受け入れるのか?政治的リーダーシップと強靭な市民社会

難民支援協会 | 投稿日 2016年09月16日
難民支援協会

92年以降、90年代末前後のコソボ難民のケースを除いて、難民が減ったのは、ヨーロッパ周辺で目立った民族紛争が収まった要因が強いと思います。

【前編】ドイツはなぜ難民を受け入れるのか? 政治的リーダーシップと強靭な市民社会

難民支援協会 | 投稿日 2016年09月15日
難民支援協会

社会統合に失敗したとよく言われますが、実態はどうだったのでしょうか?

メルケル首相の地元、与党が反難民党に敗れる【ドイツ州議会選挙】

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年09月04日

ドイツのメクレンブルク・フォアポンメルン州で行われた州議会選挙で、当局の暫定結果によると、難民受け入れに反対する新興右派政党が、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟の得票率を上回り第2党に躍進した。

甦える「サッチャーの呪い」――秘話「統一ドイツ」への大反対

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年07月04日
新潮社フォーサイト

実は、このEU離脱という歴史的出来事の本当の主役はドイツだった。

「リーマンショック前と似ている」 安倍首相の見解に批判の声も

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2016年05月26日

G7首脳会議(伊勢志摩サミット)で、安倍首相が「世界経済はリーマンショックの前と似た状況だ」という認識を示したことが波紋を呼んでいる。

メルケル流「エルドアン大統領侮辱事件」のしのぎ方

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年04月20日
新潮社フォーサイト

EUとトルコの間で、EUがトルコ経由の不法移民をトルコに送還する合意が成立したことで、メルケルは最悪の時期を脱したと目されていたが…

メルケル首相「多文化主義は完全に失敗」ー今この発言に注目すべき理由

室橋祐貴 | 投稿日 2017年01月23日
室橋祐貴

「多文化主義は完全に失敗した」。メルケル首相はかつてこう発言した。しかし、今では積極的に難民を受け入れている。ドイツがどう移民を受け入れてきたのか見ていきたい。

孤立化するメルケル首相、独裁化に向かうポーランド

室橋祐貴 | 投稿日 2017年01月18日
室橋祐貴

独メルケル首相は今年中に辞任することになるという予測が、事実になる可能性が高まってきた。

2016年のドイツを展望する

熊谷徹 | 投稿日 2017年01月10日
熊谷徹

ドイツ、そして欧州は五里霧中の状態にある。その理由は、2015年に第二次世界大戦後に一度もなかった事件が立て続けに起きたことである。