モスクワ

レーニン遺体、保存継続か埋葬か ロシアで議論二分

The Huffington Post | 関根和弘 | 投稿日 2017年04月21日

永久保存されている「ソ連建国の父」ウラジーミル・レーニンの遺体。保存を続けるべきか、それとも埋葬すべきか。ロシア人たちの意見は割れている。

ティラーソン国務長官がロシアに到着、近くでは文字通り暗雲が立ち込めていた(動画)

The Huffington Post | Willa Frej | 投稿日 2017年04月11日

象徴的なシーンだ。

ロシア全土に広まった抗議デモ 背景には反体制派の「告発動画」があった

The Huffington Post | Nick Robins-Early | 投稿日 2017年03月31日

デモはある動画がきっかけとなった。

「プーチンのいないロシアを!」モスクワなどで大規模デモ 野党勢力の指導者が拘束される

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2017年03月26日

ロシア各地の都市で3月26日、プーチン政権の汚職に抗議する反政権デモが開かれた。

リオ五輪など揺れるロシア。日本には外交チャンス?

清水俊宏 | 投稿日 2016年08月06日
清水俊宏

組織的なドーピングで非難を浴びるなど、国際社会で孤立を深めているロシア。そんな苦しい立場にあるロシアに8月、小泉元首相の秘書官として有名な飯島勲氏の姿があった。

ポケモンGOは「悪魔のアプリ」モスクワ市が代用アプリ配信、内容は...

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年07月26日

「ディスカバー・モスクワ」という意味のタイトルで8月末にも配信開始するという。

ロシア見聞録(その3)-「ソ連」から「ロシア」へ:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月18日
ニッセイ基礎研究所

1991年に社会主義のソ連が崩壊、新生ロシア連邦の誕生から四半世紀の間にロシアにどんな変化が起きたのだろう。

ロシア見聞録(その2)「芸術の都」サンクトペテルブルク:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月13日
ニッセイ基礎研究所

ロシアの今後の持続的経済成長には脱石油が求められているが、年間3,200万人の外国人が訪れる観光は重要な産業のひとつだ。

ロシア見聞録(その1)-モスクワの「七姉妹」と「地下鉄」:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月05日
ニッセイ基礎研究所

1991年に"鉄のカーテン"に包まれたソビエト連邦が解体、ロシア連邦が誕生して四半世紀が経過したが、未だに私にとってロシアは馴染みの薄い国だ。

衝突事故を間一髪まぬがれた男性の助かり方が尋常ではない(動画)

The Huffington Post | Ed Mazza | 投稿日 2015年08月19日

この動画を見たあなたはおそらくリプレイボタンを何回も押したくなってしまうだろう。

金正恩氏、対ドイツ戦勝行事を欠席 ロシア報道官が表明

朝日新聞デジタル | 駒木明義、東岡徹、貝瀬秋彦 | 投稿日 2015年04月30日

北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記が、モスクワで9日に行われる対独戦勝70周年記念の軍事パレードに参加しないことになった。

シベリア鉄道に乗って。たった10分の"大陸横断"旅行へ(動画)

The Huffington Post | 投稿日 2015年08月08日

スコットランドのグラスコーに住む青年Chris Winchは、憧れのシベリア鉄道に乗って、モスクワから北京を目指した。車窓には、海のように大きいロシアのバイカル湖や、どこまでも広がるモンゴルの大草原が広がっていた。

別れ、そして再会の場所。世界のお墓まとめ10箇所

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2014年12月16日
TRiPORT(トリポート)

誰もが愛する人を亡くしたとき、深い悲しみを抱え、涙を流し、故人を偲びます。その気持ちは富んでいる人も貧しい人も世界共通です。

歩くだけで気分がアガる!世界のカラフルな街並み7選

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2014年12月01日
TRiPORT(トリポート)

突然ですが、みなさんはどんな街並みがお好きですか? 世界各国には、自分にとってはすべてが新鮮に感じる未知の場所でも、生活している人がいて、文化があります。

1935年。モスクワ。地下鉄駅(画像集)

The Huffington Post | 投稿日 2014年08月13日

1935年、スターリン政権下のモスクワ。共産主義の計画経済の元、発展を続けたモスクワの町に作られた地下鉄駅の写真が残されている――

モスクワ地下鉄脱線、整備担当者2人を拘束 死者22人、過去最悪の犠牲者数

The Huffington Post | 投稿日 2014年07月16日

モスクワ地下鉄脱線事故で、事故調査委員会は7月16日、地下鉄公社の整備主任と助手を拘束し、事情聴取を行っていることを明らかにした。インタファクス通信などによると、この事故では22人が死亡した。

オリンピック招致の裏側へ

河野太郎 | 投稿日 2013年10月13日
河野太郎

日本陸連の会長を退任したオヤジが国際陸連からモスクワの世界陸上に招待されたため、免疫抑制剤と鞄を持って同行することになりました。(予備の肝臓を持っていくわけではありません!)国際陸連のディアック会長やハンガリーのシュミット前大統領等、オリンピック招致に関与するIOCメンバーとの「意見交換」が主な目的です。