Japan Nature

植物にかけられた「魔法」とは? 西畠清順さんがプラントハンターになった理由

The Huffington Post | 投稿日 2017年03月21日

「人生が3回あっても足りない」。珍しい植物を求め、世界中を飛び回るプラントハンターが語る、植物の魅力とは?

ロゼッタが一掃きした彗星の塵

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2016年09月19日
ネイチャー・ジャパン

67Pの塵粒子は、より小さな細長い粒子の集合体であり、異なるサイズの粒子の構造は、階層的な集合を示していることが明らかになった。

小胞体ファジー受容体の存在場所

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2016年06月19日
ネイチャー・ジャパン

小胞体は膜で作られた複雑なネットワーク構造で、タンパク質や脂質の合成、イオン恒常性、タンパク質の品質管理、細胞小器官の間での情報伝達に関わっている。

快い記憶はうつ様行動を抑える

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2016年06月19日
ネイチャー・ジャパン

利根川進(理研-MIT神経回路遺伝学研究センター)たちは今回、マウスで快・中立・不快の体験とそれぞれ関連する特定の海馬記憶エングラム(記憶痕跡)を光遺伝学的に標識することにより、この疑問に取り組んだ。

小保方晴子氏のSTAP細胞論文、ネイチャーが撤回

The Huffington Post | 投稿日 2014年08月12日

理化学研究所(理研)の小保方晴子氏らが発表した、STAP細胞の論文をめぐる研究不正疑惑について、論文を掲載したイギリスの科学誌「ネイチャー」が、関連する論文2本を撤回すると発表した。

小保方晴子氏を巡る報道と理研や彼女自身の対応は、日本の外から見て摩訶不思議

山口一男 | 投稿日 2014年07月13日
山口一男

専門外の発言と思えるかもしれないが、社会的機会の均等の問題に実証および社会的発言で深くかかわって来たものとして、見過ごしにできない問題が、小保方晴子氏を巡る報道と、理化学研究所(以下「理研」)や彼女自身の対応にあり、これは日本の外から見て摩訶(まか)不思議に見える。

研究不正防止の「これから」を考えよう

大隅典子 | 投稿日 2014年07月11日
大隅典子

21頁にわたる調査報告書は、きちんとした証拠を挙げつつ厳密な論理展開で不正を認定し、不服申立て者側の意見を退けていると思われました。

STAP問題:Natureに責任はないのか

小野昌弘 | 投稿日 2014年05月11日
小野昌弘

科学誌Natureは2014年4月30日に、日本の研究不正についての編集部論説(editorial)を発表した。これによると、日本は総合科学技術会議の指示を聞き、科学者にデータの管理法を教えて、米国の真似をして研究公正局を作れとのことだ。大変不思議なのは、NatureはSTAP騒動の当事者で、こうした事態を招いた相応の責任がある(少なくとも、責任があるかどうか問われなければならない)のに、そうした可能性についての言及が全くなく、まるで他人事のようだということだ。

科学研究の再生に必要なのは研究者の自立と研究者社会の近代化だ

小野昌弘 | 投稿日 2014年07月06日
小野昌弘

STAP問題で露呈したように、日本の医学生物学は実はとうの昔からすっかり危機に陥っている。この危機を打開し、研究への信頼を取り戻すためにはどうしたらよいだろうか。

海外でも日本でも、地球を巡る旅人が意識するべきこと - エコツーリズムとは? -

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2014年07月04日
TRiPORT(トリポート)

「エコ・ツーリズム」とは、自然環境はもちろん文化や歴史なども観光の対象として、それらの持続可能性を考えるたびのスタイルを指します。

人の手は一切加わってません!マイナスイオンたっぷりの自然が作り出す6つのプール

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2014年06月25日
TRiPORT(トリポート)

本格的に暖かくなってきた最近ですが、この春が終わればいよいよ夏! 今日は、ちょっと気が早いけれど、人の手が一切加わっていないスーパーナチュラルなプールをご紹介します。

STAP細胞と特許

pollyanna | 投稿日 2014年04月25日
pollyanna

STAP細胞と特許というのは、弁理士である私にとっても非常に興味深いテーマです。また、多くの方の関心も集めているようです。そこで、伊東先生のツイートをきっかけに、このエントリを書き始めました。このテーマに関しては、既に栗原潔先生がいくつか記事を書いていらっしゃいます。これだけ充実した解説がある上に、屋上屋を架すようで恐縮ですが、私も少し考えてみたいと思います。

問題は理研とNatureにとどまらない

小野昌弘 | 投稿日 2014年06月22日
小野昌弘

STAP論文が明らかにした科学評価の形骸化という問題を見ていると、アメリカの赤狩りでマッカーシーが用いた詭弁を思い起してしまう。

形骸化してきているNatureら有名雑誌の論文査読システム -STAP問題で明らかになった科学評価システムの制度疲労 (中)

小野昌弘 | 投稿日 2014年04月21日
小野昌弘

STAP論文のおかげで皮肉的な事実が垣間見えた。それは、論文の科学的妥当性を判断するのが目的のはずの査読が、Natureが求めるような「多角的に研究された論文」(=多くの機械をつかって色々なデータを揃えている論文)の検証にたいして役に立っていないことだ。

STAP問題で明らかになった科学評価システムの制度疲労 (上)勝者が勝ち続ける理由

小野昌弘 | 投稿日 2014年04月21日
小野昌弘

3誌の編集方針に共通するのは、科学界に対する広いインパクトがある論文を掲載する方針だ。幅広い読者を対象にするので妥当な方針だと思う。つまり、科学的にいかに質が高くても、インパクトがなければ載せない。そして、このインパクト重視の姿勢が、Natureはタブロイド誌だと言われるゆえんだ。

STAP細胞関連ブログコメントなどより転載

大隅典子 | 投稿日 2014年04月22日
大隅典子

昨日の記事は(ハフポストに転載されたためか)とてもたくさんの方々に読んで頂いたため、「専門家の意見を求む」というお願いに反応されたコメントやメールを頂きましたので、その一部、専門性が高いと思われたものを転記致します。とくに、顕微鏡の自動撮影の際のフォーカス自動合わせの機能に言及した考察などは、現場の実験に詳しい方ならではのものがあります。

STAP細胞を前提にしないと説明できない?

大隅典子 | 投稿日 2014年06月16日
大隅典子

「STAP現象(←STAP細胞とは言っていない)を前提にしないと容易に説明できないデータがある」の例として3つ挙げられています。これらについて、「STAP現象」ではなくても説明できるのではないか、という私見を記します。

STAP問題が照らし出した日本の医学生物学研究の構造的問題

小野昌弘 | 投稿日 2014年06月02日
小野昌弘

よく誤解されているので、STAPの著者と権利について明瞭にしておきたい。Natureの2論文が、もし完璧な論文だったと仮定して考えてみてほしい。

STAP細胞と研究広報

平松正顕 | 投稿日 2014年05月24日
平松正顕

Natureに掲載された論文やその他の論文におけるいろいろな疑惑、研究不正の防止に関わることについては、自然科学の博士号を持つものとして思うこともいろいろあるのですが、ここではあくまでも「研究広報」の観点からの考察とします。

論文の仕組みを理解すればSTAP細胞問題のどこが問題なのかがわかる

Chem-Station | 投稿日 2014年05月22日
Chem-Station

前回のポストでも指摘したように科学で最も重要視されるのは論文です。学会発表は妙な内容でも可能で、物理学会では珍妙な自説を展開する怪しい人(?)たちのセッションが用意されてると聞いたことがあります。

小保方晴子氏のSTAP細胞関連騒動について

山口巌 | 投稿日 2014年05月15日
山口巌

保方晴子氏は弱酸などの外部刺激で体細胞を初期化することにより、胎盤組織を含む全ての生体組織分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞)の作製方法を世界で初めて世界的に権威のある学術雑誌『Nature』誌2014年1月30日号に発表した。