日米安保条約

Keith Tsuji via Getty Images

民主主義の終点

日本人ジャーナリスト4、5人とアメリカ人がたしか2人、中年男だけのパーティだった。何年前か憶えていない。すでに六本木ヒルズが出来ていて、ヒルズの近くに住む米人W氏がベランダで焼いたバーベキューを食べながら飲み、かつ喋った。
Bloomberg via Getty Images

【防空識別圏】どうしてアメリカは民間機に飛行計画を提出させたのか

日本航空や全日空は、中国が主張し始めた防空識別圏に当初従う決定をしたが、日本の航空当局からの圧力により、撤回に至っている。ところが、中国防空圏にB-52爆撃機を送り込んで挑戦状を叩きつけたはずの米国で、連邦航空局FAAはユナイテッド航空やデルタ航空に対し、中国側の要求に従って飛行計画を通知するよう勧告した。
THE HUFFINGTON POST

キャロライン・ケネディ駐日大使は日本外交の切り札となるのか?

今日、キャロライン・ケネディ駐日大使が着任する。「初のセレブ大使」であり、当然のことながら安倍内閣は外交の切り札として充分に活用せねばならない。一方アメリカ外交としても、アメリカの至宝ともいえるケネディブランドを活用し大きな成果を上げたいと望んでいるはずである。
AFP時事

尖閣諸島、今後のカギを握る「米中交渉」

尖閣諸島の国有化から1年。日本はこれまで何度が中国に首脳会談開催を打診しているが、中国はこれに応じていない。米国と中国は、今年6月に開催された米中首脳会談をきっかけに、アジア太平洋地域の安全保障問題に関する包括的な交渉を開始している。日米中、3カ国の動向を紹介する。