ノマド

 

日課、批判、ボケも...時間帯別にツイッターの「スタバなう」を調査してみた

「ディスニーなう」「さっきまで学校なうでした」など、もはや今の出来事でなくても「○○なう」とつぶやかれているTwitter。その「なう」のなかでも特に頻出なのが、「スタバなう」です。近頃は"リア充アピールの典型"との声もある「スタバなう」ですが、まだまだツイートの勢いは止まっていません。そこで今回は、どんな人が「スタバなう」とつぶやいているのか、朝・昼・夜に分けて傾向を調べてみました。
笹川かおり

財政危機を乗り越えた未来の国に学ぶ

自然エネルギーを推進し、原発のない国づくりを進めるニュージーランドだが、その道のりは平坦ではなかった。過去に、財政破綻する危機を乗り越え、エネルギー政策を見直した経緯があったのだ。財政難の問題を抱える今の日本が、ニュージーランドから学べることはあるのか…

もういい加減、ノマドのその先に行かないか?

「ノマド」――昨今、その言葉に新しい働き方の時代の到来を感じた者もいれば、その実態を大いに疑問視し、単なる流行りスタイルと捉える批判も吹き荒れている。だが、ノマドを巡る論争は、もうそろそろどうでもいいのではないか? というのが私の考えだ。