野々村竜太郎

朝日新聞社

野々村竜太郎元兵庫県議よ、「特急の車内でブログを書いていました」と主張するつもり?

以前、ある女性は某氏に「疑惑の総合商社」と言い放った。私はその言葉を野々村竜太郎元兵庫県議にぶつけたい。先日、野々村氏の日帰り出張について述べた際、ハフィントンポストの日帰り出張データーを参考資料として使わせていただいた。その後、野々村氏の公式ブログを見つけ、2013年の記事更新数が多い11月に注目したところ、おかしな点に気づく。
時事通信社

セクハラ野次や野々村議員で感じた、近くて遠いもの、それは地方議会

東京都議会のセクハラ野次や、兵庫県県議の野々村議員の常識を超えた行動は、皮肉なカタチで地方議会に注目が集まりました。自治体にもよるのでしょうが、地方議会の議員さんは、よほどの関係者でもないかぎり、選挙の時以外には、通りすがりに事務所の看板を見る程度で、ほとんど存在を感じることもできず、地元の少数の人たちの口利きをする人というイメージしかありません。
時事通信社

野々村竜太郎氏に議員辞職を勧告 兵庫県議会【号泣会見】

兵庫県の野々村竜太郎県議(47)=無所属、西宮市選出=の政務活動費をめぐる問題で、県議会は7月7日午前11時から各会派の代表者会議を開いた。野々村氏に対して説明責任を果たせなければ、政務活動費などを返還し、議員辞職するよう勧告した。代表者会議の終了後に勧告文書を受け取った野々村氏は「真摯(しんし)に受け止める。辞職を念頭に議長と相談したい」と述べたという。
時事通信社

たかの友梨さんに聞いた記者会見で炎上しないための、たったひとつの法則。

最近兵庫県会議員の不祥事での号泣会見が話題だ。なんでも佐村河内、小保方さんを超えるパフォーマンス(笑)だということで、話題なんだけど、まあ私はあんまり興味ないんでスルーしてたら、「たかじんNOマネーBLACK」というテレビ番組に出演してパネラーやっていたら見ることになってしまった。たしかに面白かった(笑)。