ニューロン

Betsie Van Der Meer via Getty Images

一目ぼれの脳内の仕組みを早稲田大の研究室が実験で突き止める

異性の存在が性ホルモンの分泌をすぐ変化させる脳内の仕組みを、早稲田大学教育・総合科学学術院の筒井和義教授と戸張靖子研究員らがウズラの実験で突き止めた。一目ぼれを分子レベルで解明する発見として世界的に注目されている。7月16日付の米神経科学会誌Journal of Neuroscienceのオンライン版に発表した。