オバマ大統領 来日

Reuters

オバマ大統領がアジア歴訪終了、同盟国にくすぶる「不信」

オバマ米大統領は29日、アジア4カ国の歴訪を終えて帰国の途に就いた。側近らは何カ月も前から細心の注意を払ってスケジュールを練り上げてきたが、今回の約1週間にわたるアジア歴訪では、すべてがホワイトハウスの思惑通りには運ばなかったようだ。 オバマ大統領の狙いは、外交政策の軸足をアジア太平洋地域にシフトさせるという米政権の意思が本物であることを示すことだった。
Reuters

「北朝鮮は新たな核実験控えるべき」アメリカが朝鮮半島情勢を注視

米国務省のサキ報道官は22日、北朝鮮が新たな核実験の準備を進めているとの報道を受け、朝鮮半島情勢を緊密に注視していることを明らかにした。 同報道官は定例記者会見で「北朝鮮の核実験施設での活動が活発化しているとの報道があったことは認識しており、朝鮮半島情勢を緊密に注視している」と述べた。
EPA時事

オバマ大統領の来日の意義

オバマ大統領が国賓として来日するわけですが、その際もっとも問題になるのは、TPPについての交渉かと思うので、これについての少し。TPPの交渉が日米で合意に達するかどうかですが、私的には難しいのではないかと思っております。
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images

アメリカ人は日本が大好きという事実

イスラエルのy net news は元旦にアメリカの調査機関Pew Research Centerが実施した、アメリカ人の好きな国を問う世論調査結果を公表した。何と驚いた事に、最も好かれている国はカナダ(81%好き、9%嫌い)で、2位は英国(79%対9%)、3位が日本で(70%対20%)という結果になっている。