大熊町

人が消え、緑にのみこまれた福島の町 ドローンが映す、原発事故の今の姿(動画)

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年08月01日

東京電力福島第一原発事故から6年余り。人の姿が消えた町では、手つかずの自然が生活の痕跡をのみ込み、辺りを緑一色に染めていた。7回目の夏を迎えた福島の帰還困難区域をドローンで撮影しました。

町の再出発のために。司法書士事務所から福島県大熊町に転身した職員の思い

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月18日
喜浦遊

大熊町に「帰る」という人が少ないのも、再建に利用できる町土が限られるのも事実。

「私たちは町の復興のために故郷をなくします」自分の土地で中間貯蔵施設を受け入れた大熊町民たちの思い

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月18日
喜浦遊

大熊は今後も町として残って欲しいと思います。自宅を諦めた今、町が「私が大熊の人間であった」という証なのです。

「あそこで子どもを抱いてしまっていたら、私は仕事に戻れただろうか」4人の子と離れ、防災無線で避難を呼びかけ続けた大熊町職員の記憶

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月16日
喜浦遊

「必ず避難のバスは来ます」と伝えないと、パニックになり、けが人などが出たら大変だと考えました。

原子力行政を担当していた大熊町職員が語る、避難指示の難しさ

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月14日
喜浦遊

「原発は安全が前提ではない。機械は万能ではない」という冷静な認識、覚悟が必要だと感じています。

「殴り書きでもいいから、記録を取っておけば...」原発で全町避難が続く大熊町職員が記録誌を作ったわけ。

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月14日
喜浦遊

2017年3月、大熊町は東日本大震災とそれに伴う東京電力福島第一原発事故に対する町の対応をまとめた「大熊町震災記録誌」を発行した。

福島・津波で行方不明の女の子の遺骨見つかる、父はずっと捜索を続けていた

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月25日

「少しずつ汐凪に近づいている気がします」と綴っていた。

板橋区は「福島県大熊町のホタル」を代々飼育してはいなかった...その決定的証拠とは?

中妻じょうた | 投稿日 2015年03月23日
中妻じょうた

板橋区議会区民環境委員会において、ホタル生態環境館におけるホタル飼育の実態に疑問を投げかける、衝撃的な報告がなされました。

中間貯蔵施設は住民投票で決めない 楢葉町議会が条例案を否決

The Huffington Post | 伊吹早織 | 投稿日 2014年01月29日

福島県楢葉町の町議会は、除染作業で発生する土壌や廃棄物を保管する「中間貯蔵施設」の建設をめぐり、住民投票の実施を求める条例案を反対多数で否決した。

中間貯蔵施設 福島3町に受け入れ要請

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2013年12月14日

福島県内の除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設について、石原伸晃環境相と根本匠復興相は14日、佐藤雄平知事と候補地である双葉、大熊、楢葉3町長に建設受け入れを要請した。3町の計約19平方キロメートルを国が買い上げて施設を造り、2015年1月からの搬入を目指す。ただ、地元には不安が根強く、受け入れがすんなりと決まる見通しはない。