音楽教室

JASRACの「音楽教室のレッスンでも著作権料徴収」方針に対抗、ヤマハなどが署名活動

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年03月27日

JASRACが音楽教室などで楽曲を使用する際にも著作権料を徴収する方針を決めたことを受けて、ヤマハ音楽振興会などがつくる「音楽教育を守る会」が署名活動を始めた。

JASRACの「レッスンでも著作権料徴収」方針に対抗、ヤマハなどが反対団体結成

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年02月03日

「音楽教育を守る会」を発足した。

JASRACが音楽教室からも著作権料徴収へ 年間10~20億と推計、ヤマハなど

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月01日

徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発している。

共働き時代のいま、「音楽教室」はどんな場になっているのか

The Huffington Post | 投稿日 2014年12月17日

学校を出たら、就職し、3年で結婚し、子どもは3人。マイホーム。家にはピアノ――。今の20-30代の親世代が子どもだった時代、ピアノは習い事の定番のひとつだった。ライフスタイルや習い事が多様化する昨今、「音楽教室」はどのようなニーズにどう応え、価値を生み出しているのか。[ヤマハミュージックジャパン PRESENTS]