大阪都構想

吉岡秀人

自分を相対化すること

アジアの経済勃興を肌身で感じているこの身にとっては、日本のこれからの失速はもうどうしようもないのではないかと思ってしまう。日本人は、この島国の中で閉じこもり、長い間デフレを貪っていたのでいまだに気づかないかもしれない。
ASSOCIATED PRESS

なぜ直球勝負しないんですか?

先の大阪での激戦は、橋下徹が自身の政策の是非を市民へ投票で問うたこと自体、彼自身が問題に正面から向かい合ったことである。一方で国会論戦をみると、どうもその「正面から向かい合う」という姿勢が政権側の発言に感じられません。