ペンライト

岸田法眼

JR東日本、新幹線と特急に医療支援道具7種を搭載

JR東日本は、2014年3月15日のダイヤ改正より、所有する新幹線、特急に医療支援道具7種の搭載を発表した。近年、多くの駅や一部の特急形車両では、急病人が発生した場合に備え、AED(自動体外式除細動器)を搭載している。かつては医療従事者しか使えなかったが、2004年7月以降、それ以外の人たちにも使用できるようになってからは、公共の施設や企業などにも設置され、急速に普及した。