恋愛

『JKのLINEあるある』が共感されまくり。「JKじゃないけどとても分かる」(動画)

HuffPost Japan | 生田綾 | 投稿日 2017年07月15日

「好きな人とのLINEを意味もなく読み返す」「好きな人が既読をつける瞬間を見たい」「3秒に1回スマホを確認」...。

「あ、結婚しよ」と思った瞬間は、こんなとき。やさしいタッチで描いたマンガに反響

HuffPost Japan | 生田綾 | 投稿日 2017年07月14日

結婚をしたいと思ったのは、「相手のかっこいい」一面を見た時ではなく...。

「長時間労働のせいで恋愛に影響した人が7割以上」調査で明らかに

HuffPost Japan | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2017年06月06日

調査では、働き方が恋愛や婚活にも大きな影響を及ぼしていることが浮き彫りになった。

愛を確かめ合うとき。ふたりの情熱をとらえた写真がかっこいい【画像集】

HuffPost | Kelsey Borresen | 投稿日 2017年05月30日

これが、多様な愛のかたち。

「結婚」と「離婚」の間で-「つながりたい」のか、「つながれたくない」のか:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年05月10日
ニッセイ基礎研究所

東日本大震災を機に親子の絆、夫婦の絆、地域の絆など、さまざまな「絆」の大切さが再認識された。

「かぐや姫」に隠された恐怖の裏ストーリー 「竹取物語」は愛の物語なんかじゃない

東洋経済オンライン | 投稿日 2017年05月08日

シャイな日本男子にぜひとも参考にしていただきたい古典文学の作品がある。それは平安初期に成立したといわれている『竹取物語』だ。

1回3000円「お寺婚活」に男女が殺到する理由

東洋経済オンライン | 投稿日 2017年05月02日

参加できるのは、25歳から49歳までの男女(会員登録の上限は45歳)。イベントを1回開くと、平均で6組が成婚する。

ケンカをしても上手に仲直りできるカップル、7つのコツ

HuffPost US | Kelsey Borresen | 投稿日 2017年05月01日

セラピストや心理学者ら、人間関係の専門家たちが7つのコツを教えてくれました。

「人を好きになる感覚」はこうしてよみがえる――結婚はビジネスのマッチングではない

東洋経済オンライン | 投稿日 2017年04月11日

このところ「異性を好きになる力」について考えている。30代40代の独身男女を取材していると、恋人がいないどころか「気になる人すらいない」と聞くことが多いからだ。

結婚する前に知っておくべき10の事実

The Huffington Post | Brittany Wong | 投稿日 2017年04月02日

結婚を控えている皆さんは、楽しい結婚式の計画からちょっと目を離して、一度、読んでみてほしい。

10年越しの企画が遂に実現。『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』マイウェン監督インタビュー

杉本穂高 | 投稿日 2017年03月22日
杉本穂高

近年女性監督の活躍が目覚ましいフランス映画界から、またひとつ女性監督による秀作が誕生した。

「恋かキャリアか」海外就職 悩める女性たちの選択

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年03月21日
週刊ABROADERS

インドで活躍する魅力的な日本人女性たちの情報をお伝えしていきます。

ヒーローインタビューで不倫告白?ガーナ人選手「『妻と彼女に』感謝」と大失言

The Huffington Post | Nina Golgowski | 投稿日 2017年03月21日

「はじめに、私はファンの皆さんに感謝したい」。アナス選手はこうインタビューを始めた。そして....

日本の長い歴史の中で、ほとんどの男女が結婚したのは昭和の一時期だけ

林伸次(bar bossa) | 投稿日 2017年03月15日
林伸次(bar bossa)

こんな事実はご存じでしょうか?日本の長い長い歴史の中で、ほとんどの男女が結婚したのは昭和の一時期だけなのだそうです。

記憶喪失の女性、恋人と再び結ばれる「最初は赤の他人に見えたけど...」

The Huffington Post | 濵田理央(Rio Hamada) | 投稿日 2017年02月15日

記憶喪失になった女性が、忘れてしまった恋人と再び恋に落ちたと、イギリスのメディアが報じています。

バレンタインデーはもう要らない!は7割に~消費主義と因習を問い直す時代へ~

勝部元気 | 投稿日 2017年02月12日
勝部元気

昨年、Twitterで「バレンタインデーは廃止にしたほうが良いか否か?」についてアンケートを取ってみたところ、このような結果になりました。

ゲイ文化に偏見があった

TOKYO GRAFFITI | 投稿日 2017年01月25日
TOKYO GRAFFITI

ゲイのカップルも他のカップルと違わない。『Elastic Love』というクリスティーナ・アギレラの曲みたいに愛を大きくして、みんなが幸せだったらそれでいい。

【恋愛事情】相方は外国人!付き合って良かった点・大変な点

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年01月11日
週刊ABROADERS

相方はフィリピン人。外国人と付き合うことで、何が良くて、そして何が大変なのか、僕の目線でまとめます。

『逃げ恥』が教える「自分らしく生きる」の本当の意味

倉本圭造 | 投稿日 2016年12月31日
倉本圭造

「スペック的に完璧な選択肢」を選ぼうとするよりも、「可能な選択肢」を選んで、「努力して温めていく」ことで、5年後、10年後には本当に人生の幸福感の基礎になるものが築かれて行く。その「想像力」が大事なんですよ。

「恋愛結婚が当たり前」だった時代の終焉と、これから

熊代亨 | 投稿日 2016年12月01日
熊代亨

恋愛と結婚がセットとみなされるようになって実際に起こったのは、非婚化と少子化だった。それと、恋愛して結婚しなければならないという、強迫的な固定観念だ。

80歳女性が初の結婚「ずっと孤独だった。恋はいつでも出来る」

The Huffington Post | Ryan Takeshita | 投稿日 2016年11月20日

「なんだかソワソワするんです。恋をすることに遅いも早いもないですね」

結婚したら「一人の女性」しか愛せなくなる? そんなことはありません

The Huffington Post UK | Natasha Hinde | 投稿日 2016年11月14日

65万人以上がいいね!した結婚の捉え方とは…。

「毎日少しでもいいから会いたい」パートナーを選ぶなら、そう思ってくれる人がいい

Thought Catalog | 投稿日 2016年11月02日
Thought Catalog

簡単には見つからないかもしれない。だけど待つ価値がある人。

人生はプランとタイミング!私がバングラデシュ人の夫と結婚した理由

週刊ABROADERS | 投稿日 2016年11月01日
週刊ABROADERS

夫と初めて出会ったのは2014年3月の東京・表参道。何度か会いましたが特に何もなく、残念ながら彼とはしばらく音信不通に...

最愛の人にプロポーズされるとき、きっとこんな表情してる。25枚の写真は伝える

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月18日

その純粋な驚きと喜びを、カメラはとらえた。