リーダーシップ

証拠に基づく政策立案 統計改革推進会議の最終取りまとめ

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年05月30日
ニッセイ基礎研究所

効果的な政策選択に有用な「証拠に基づく政策立案」。可能性を感じさせるが、その限界を理解する必要がある。

女性リーダー育成は「一段上の経験」から ~上司の過保護が成長の羽を折る~

有馬祥子 | 投稿日 2017年05月01日
有馬祥子

女性管理職候補者を含む女性リーダーの育成を行うには、何をどうしたらよいのか、そのポイントを解説します。

サイボウズ式:社員に求めるのは「会社に◯時間いるか」よりも「Twitterのフォロワー数」──コルク佐渡島庸平さんに聞く、会社に依存せずに生きる自立心の作り方

サイボウズ式 | 投稿日 2017年02月17日
サイボウズ式

「仕事=あなたにぜひやってほしい、と舞い込んでくる楽しいもの」になれば、仕事がいわゆる「仕事」ではなくなるのかもしれません。

「組織変革って何ですか?」コンサルタントに聞いてみた。

組織活性化のヒント byソフィア | 投稿日 2017年01月21日
組織活性化のヒント byソフィア

どんな大きな成果も、それを作り出しているのは働いている一人ひとりの従業員です。

サイボウズ式:仕事の「しくじり」は悪ではなく、ヒントの宝庫

サイボウズ式 | 投稿日 2017年01月08日
サイボウズ式

「チームのリーダー」ができることは何か。それは、働く上での精神的なセーフティネットを用意することではないかと思います。

「コミュニケーションが成り立たない」を越えていく力

組織活性化のヒント byソフィア | 投稿日 2016年12月18日
組織活性化のヒント byソフィア

「コミュニケーション能力の高い人物像」を想像してみると...残念ながらそんなパーフェクトな人にはなかなか出会わないのが現実だ。ではどうするのか。

【星野佳路×丸若裕俊】観光?文化?これからの日本の「資源」は何なのか

QREATORS | 投稿日 2016年08月06日
QREATORS

世界に発信すべき、21世紀における日本の資源について話し合いました。

M&Aで生き残る社員になるための3つのスキル

田口雅典 | 投稿日 2016年07月28日
田口雅典

海外M&A人事に詳しい森範子氏が語る「M&Aで生き残る社員になるための3つのスキル」をご紹介します。

イノベーションを起こす人に必要な3つの要素

coFFeedoctors | 投稿日 2017年07月06日
coFFeedoctors

予防や健診で先手を打てる時代にもかかわらず、医療業界は後手に回る仕組みのまま。その突破口を開くために、保健医療の位置付け自体を変えていこう。

グーグル、フェイスブック、セールスフォースのマインドフルネス

MiLI | 投稿日 2017年06月24日
MiLI

自分の成長に対し責任を持ち、自主性を養う風土こそ、優秀な社員を惹きつけ、切磋琢磨をうながし、業績に繋がっているのではないか。

相馬の震災復興のキーワードは「縁の下の力持ち」と「おもてなし」

秋本力 | 投稿日 2016年06月23日
秋本力

東日本大震災における相馬市の震災後対応の速さは、立谷市長の有事の際の機転と、リーダーシップによるものだけではないと思います。

今日本のリーダーに相応しい人物像とは

風観羽 | 投稿日 2016年04月19日
風観羽

すごいリーダーが日本の歴史に現れたことがあるのか。そのような問いを立ててみると、昭和の時代を知っている者であれば、おそらく誰でも一人思い出す名があるはずだ。

若くても責任者として振る舞う為の、3つのこだわり

恩田聖敬 | 投稿日 2017年03月19日
恩田聖敬

新卒1年目のことです。若く怖いもの知らずの私は「店長をやらせてもらえるなら行きます!」と言い放ち、その結果...

松岡修造の上を行く!?カリスマ小学校教師から学ぶ「理想の上司」が持つべき人間力

QREATORS | 投稿日 2017年03月03日
QREATORS

「理想の上司」アンケートで、2016年の男性編は松岡修造さんが1位になりました。「熱血、頼もしい、指導力がある」という点が支持を受けたそうです。

判断と意思決定の質を上げる「意識的思考」を身につけるための、3つの習慣

MiLI | 投稿日 2017年01月19日
MiLI

「人間が考えることの95%は毎日同じことの繰り返し」(精神科医ダニエル・エイメン博士)。

すぐできる 今年こそマインドフルネス瞑想を始めてみようと思っているあなたへ

MiLI | 投稿日 2017年01月12日
MiLI

最近ではイギリス国会などでも取り入れられるようになったマインドフルネスや瞑想は、世界的にも自己管理の王道となりつつある。

「俺について来い」型リーダーはモテない。今は部下や仲間を支援する「◯◯◯◯◯リーダー」が来ている

ミドルの転職NEWS | 投稿日 2015年12月06日
ミドルの転職NEWS

変化の早い現代。経営のグローバル化や企業のダイバーシティが進む中、必要とされるリーダーシップにも変化が...。

サイボウズ式:チームワークは「仲良しごっこ」ではない

サイボウズ式 | 投稿日 2016年10月29日
サイボウズ式

ブレイクダウンすることが何より重要で、そこから先は、ぜひチームのメンバーの意見を聞いて、全員の経験と知恵、意見を集めてみてください。

仕事のミスを「責任の所在」で割り切る人のチームはヤバい

粕尾将一 | 投稿日 2016年10月28日
粕尾将一

仕事で何かミスがあった時、あなたのチームではどのような反応をするでしょうか。

集中、冷静な判断、チームワーク... トップアスリートが瞑想をする5つの理由

MiLI | 投稿日 2016年10月26日
MiLI

トップアスリートの中には、瞑想などの方法でマインドフルな状態を目指すものも多い。そこには、ビジネスマンにも応用可能な5つの理由があった。

Emily Peck

「謙虚な経営者」アメリカで次々と頭角を現す理由とは?

HuffingtonPost.jp | Emily Peck | 投稿日 2015年08月18日

Googleの新CEOに就任するサンダー・ピチャイ氏は「控えめで慎み深い人」だ。いま、アメリカではこういった謙虚な経営者に熱い視線が注がれている。

あなたの「ポジティブ思考」は間違っている

MiLI | 投稿日 2016年08月09日
MiLI

ネガティブでいるよりもポジティブでありたいと思うのは当然のこと。しかし「いつもポジティブを目指す」と言うのは、はたして本当に良い結果をもたらすだろうか?

恩送りができる人の脳が示す未来

MiLI | 投稿日 2016年07月17日
MiLI

なぜ恩返しという言葉にくらべて、恩送りという言葉はかくもマイナーなのだろう。

〝明るい北朝鮮〟で、これからの叡智を探ってみた

MiLI | 投稿日 2016年06月22日
MiLI

シンガポールを、現地のある人が「明るい北朝鮮」と表現していました。それは生活満足に裏打ちされた知的ジョークなのか、本音をオブラートに包んだメタファなのか。

「求める人物像」を明確に伝えることの危険と非効率

MiLI | 投稿日 2016年06月15日
MiLI

会社では「期待する人物像」を従業員に伝えるのは、大事なことだというのが共通認識ですが、これは効果的でないどころか、へたをすると逆効果にさえなるかもしれません。