理研

「ニホニウム」新元素の名称案が決定 提案書に込めた福島への思いとは

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年06月08日

元素番号「113」の名前が、正式に「ニホニウム」に決まった。

小保方晴子さん、手記『あの日』出版へ。STAP細胞論文は「一片の邪心もなかった」

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2016年01月26日

STAP細胞論文の執筆者である元理化学研究所研究員の小保方晴子さんが、手記を出版することになった。

113番元素の命名権、理研が獲得 「信用度の違い」で海外に競り勝つ

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年12月31日

日本初、歴史的快挙。

ジャポニウムとは? 113番の新元素、理研に命名権か 米ロチームの発見とどう違うの?

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年12月26日

海外の研究チームのほうが発見が早かったが、理研が有力との見通しだ。

iPS細胞の移植、1年後も経過良好 世界初の網膜手術

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年10月02日

「明るく見えるようになり、見える範囲も広がったように感じる。治療を受けて良かった」

認知症で記憶が失われた?→脳には残っている(研究)

朝日新聞デジタル | 瀬川茂子 | 投稿日 2015年05月28日

認知症などで過去を思い出せないのは、記憶が失われたのではなく、残っているのに取り出せないだけ。実験の成果を、理化学研究所が29日付の科学誌サイエンスに発表する。

STAP細胞問題とは何だったのか?

粥川準二 | 投稿日 2015年04月23日
粥川準二

経緯を把握し直すことを通じて、科学関係者のみならず、一般国民にとっても、今後、科学をめぐる事件を冷静に見つめるうえで役立つヒントを提供してみる。

【理研】新理事長・松本紘氏ってどんな人? 野依良治氏の後任

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年03月23日

3月末で退任する意向を固めている理化学研究所の野依良治理事長の後任について、前京都大総長の松本紘(ひろし)氏(72)を軸に、政府が調整していることがわかった。

STAP問題、理研の調査経費8360万円 小保方晴子氏への返還請求は60万円のみ

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年03月21日

STAP問題で、理研が不正調査や検証にかけた経費の総額が、8360万円に上ったことが分かった。一方で、小保方晴子・元研究員には、約60万円を返還請求するとしている。

理研、クマ型介護ロボット「ROBEAR」を発表

Engadget 日本版 | 投稿日 2015年02月24日
Engadget 日本版

理化学研究所が介護用ロボット ROBEAR を発表しました。被介護者の身体を柔らかく抱え上げ、ベッドから車椅子へ移乗させるなどの介助作業を行います。

小保方晴子氏は「懲戒解雇」 理研が見解を発表

The Huffington Post | 投稿日 2015年02月10日

理化学研究所(理研)は、小保方晴子・元研究員について「懲戒解雇」に相当するという見解を発表した。

小保方晴子氏、告発される 盗んだとされるES細胞とは

The Huffington Post | 投稿日 2015年01月26日

理化学研究所(理研)の元研究員、石川智久さんは1月26日、小保方晴子氏がES細胞を盗んだとして、窃盗容疑で兵庫県警に告発状を提出した。神戸新聞やテレビ朝日などが報じている。

小保方晴子氏「ES細胞混入、私は絶対ない」 理研が報告書発表

The Huffington Post | 投稿日 2014年12月26日

STAP細胞を巡る論文不正問題で、理化学研究所の調査委員会は12月26日、記者会見し、研究論文に関する調査報告書を公表した。「すべてES細胞の混入に由来する。STAP論文は、ほほすべて否定されたと考えて良い」と断定した。

小保方晴子氏の論文、新たな不正も 「STAP細胞は別の万能細胞」理研調査委

The Huffington Post | 投稿日 2014年12月25日

STAP細胞論文を巡る問題で、理化学研究所(理研)の調査委員会は12月25日、小保方晴子元研究員らが発表した論文の主な結論は否定され、その証拠となった緑に光るマウスなどは、別の万能細胞が混入したか、混入で説明できることが科学的な証拠で明らかになったとする報告書をまとめた。

小保方晴子氏による検証実験、11月末に終了へ 結果を近く公表【STAP細胞】

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年11月28日

理化学研究所は、小保方晴子氏によるSTAP細胞の検証実験を、期限としていた11月末で予定通り終了することを明らかにした。

STAP細胞の特許取得手続きを継続 理研、複数の国で

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年10月24日

理化学研究所は、国際出願していたSTAP細胞作製法の特許について、複数の国で出願の継続手続きをとった、と24日明らかにした。

【iPS細胞】世界初の移植手術 目の難病患者に 執刀医「重圧かかった」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年09月12日

理化学研究所などのチームは12日、目の難病患者の皮膚から作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を網膜の組織に変化させ、患者に移植する手術を実施したと発表した。

STAP検証を中間報告した理研、新たな研究センターはどうなる?

大隅典子 | 投稿日 2014年08月27日
大隅典子

今回のSTAP騒動の帰結がセンターの規模を半分程度にすることになるとすると、これは適切な対応とは言えないのではないかと思います。

STAP細胞の再現はできず 理研、検証実験で中間報告

The Huffington Post | 投稿日 2014年08月27日

STAP細胞の存在の有無を確かめる検証実験を進めている理化学研究所は27日、小保方晴子氏らの論文に記載された方法ではSTAP細胞は再現できていないとする中間報告を発表した。

STAP細胞があってもなくても

榎木英介 | 投稿日 2014年08月27日
榎木英介

新しい説を提唱し、それをほかの科学者に認めてもらうことは、犯罪の容疑者を逮捕、起訴し有罪にすることに似ている。研究論文は、科学の歴史という法廷に提出する起訴状のようなものだ。

理研、CDBを解体しない方針固める 人事と組織は刷新

朝日新聞デジタル | 朝日新聞提供 | 投稿日 2014年08月25日

STAP細胞論文の問題をめぐり、理化学研究所は、小保方晴子ユニットリーダーが所属する神戸市中央区の発生・再生科学総合研究センター(CDB)の幹部を一新し、組織を大幅に見直す方針を固めた。外部有識者でつくる改革委員会から提言されていたCDBの解体はせず、人事と組織の刷新で立て直しを図るという。

真相究明と個人批判は別物

榎木英介 | 投稿日 2014年10月10日
榎木英介

STAP細胞の問題はいろいろ論点はありますが、ここで緊急に述べておきたいのが、過度な個人バッシングは絶対にやめるべきであるということです。

笹井芳樹氏、遺書で「小保方さんのせいではない」【STAP細胞問題】

The Huffington Post | 投稿日 2014年08月07日

8月5日に自殺した、STAP細胞論文の著者で理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹・副センター長が残した遺書の中に、論文筆頭著者の小保方晴子氏をかばう内容があった。毎日新聞が報じた。

笹井芳樹氏、小保方氏に宛てた遺書の内容は【STAP細胞】

朝日新聞デジタル | 野中良祐 | 投稿日 2014年08月05日

理化の笹井芳樹氏が自殺した問題では、STAP細胞の検証実験の中間報告だけでなくiPS細胞を使った世界初の臨床研究などに影響が広がる可能性もある。

笹井芳樹氏が自殺 小保方晴子氏の上司【STAP細胞】

The Huffington Post | 投稿日 2014年08月05日

STAP細胞論文の責任著者の一人である理化学研究所の笹井芳樹氏が8月5日、死亡した。52歳だった。神戸市の先端医療センターの関連施設の階段5階の踊り場で、ひも状のもので首を吊っていたという。遺書らしきものが見つかっており、兵庫県警では自殺を図ったとみている。