ロード

「連合は勝手に労働者を代表するな」労働者が異例のデモ "残業代ゼロ法案"条件付き容認に

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年07月19日

日本最大の労働組合の中央組織として「労働者の代表」を自任してきた連合が、働き手のデモに見舞われる異例の事態だ。

祝日のない6月に改めて休暇について考えた:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年06月29日
ニッセイ基礎研究所

祝日数が増えているにもかかわらず、総労働時間があまり減っていない事実は重く受け止めるべきだ。

高まる「外国人依存度」と変わらない外国人労働者の構造

加藤真 | 投稿日 2017年06月28日
加藤真

2010年前後から現在にかけて、日本における外国人労働者に関する実態について、「変わったこと」と「変わらないこと」という観点から関連データを整理した。

若者が考える今後の日本に必要な若者政策

室橋祐貴 | 投稿日 2017年06月06日
室橋祐貴

日本若者協議会では、これまで若者の政治参画を中心に政策提言を行ってきた。結果、若者の政治参画の機運は確実に高まってきている。

アリさんマークの引越社、シュレッダー係異動、「罪状」写真張り出しの社員に謝罪し和解

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年05月24日

営業職だった男性は2015年、「シュレッダー係」に異動になり賃金が約4割減った。

男性が女性よりもカウンセリングを嫌がる理由

ダイヤモンド・オンライン | 投稿日 2017年05月23日

「会社から勧められカウンセリングを受けたが、自分が病気であることを認めるようで劣等感のようなものを感じた」(20代男性)

雇用をめぐるトラブルを防げ!ワークショップ開催

連合 | 投稿日 2017年05月11日
連合

「長時間労働」や「過労死」「パワハラ」など深刻な問題が連日報道されている。その原因の1つとしてあるのは、働く側も使用者側も、ワークルールの知識が乏しいことだ。

「最低賃金、時給1500円なら夢ある」若者らデモ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年04月15日

労働者の最低賃金を時給1500円に引き上げることを求めて運動している若者のグループ「エキタス」が15日、東京・新宿でデモをした。

働き方改革実現会議全10回終りました。ここからムーブメントをいかに作るかがスタートです。

白河桃子 | 投稿日 2017年04月02日
白河桃子

「2017年が日本の働き方の転換点だった」と言われるようになるのか?それとも変わらないのか? 皆さんが作るムーブメントが推進する大きな力です。

ヤマト運輸、2016年末にも労基署から是正勧告 上限超える時間外労働で

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月10日

ヤマトは未払い残業代の大規模調査を始めるなど労働環境の改善に乗り出しているが…

第7回働き方改革実現会議 政府案、残業上限月平均60時間のポイントは?

白河桃子 | 投稿日 2017年02月22日
白河桃子

安倍首相「特に、労働側、使用者側には、しっかりと合意を形成していただく必要があります。」

永住権「安売り」で外国人「高度人材」は集まるのか--出井康博

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年02月17日
新潮社フォーサイト

度人材をめぐる今回の政策決定は、安倍政権「成長戦略」の実態のなさを象徴している。

ほっともっと元店長に残業代支払い命令 「名ばかり管理職」は「やりがい搾取」と原告側が批判

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2017年02月17日

弁当店「ほっともっと」の店長は、経営者なのか――。

知らないと困る!知っておきたい最低賃金【働くみんなのワークルール】

連合 | 投稿日 2017年02月16日
連合

働くことに関する問題を未然に防ぐには、働くときに必要な法律や決まりの「ワークルール」をきちんと知っておくことが大切です。

『逃げ恥』にみる夫婦像-「有償労働」と「無償労働」を考える:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年12月26日
ニッセイ基礎研究所

契約結婚する男女のラブコメディだが、晩婚化や派遣切り等さまざまな今日的課題が背景にあり、多くの視聴者には日常生活を通じた等身大の共感があるのかもしれない。

電通過労自殺、母が命日に手記「どうして娘を助けられなかったのか...」(全文)

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月24日

電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が過労自殺してから1年となった12月25日、母の幸美さん(53)が手記を公表した。

日本は何位?「アジア諸国の国際競争力」-世界経済フォーラムの直近ランキングより:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年12月18日
ニッセイ基礎研究所

アジア各国の国際競争力では、シンガポール(2位)、日本(8位)、香港(9位)が、世界の上位10位以内に入っています。

鈴木敏夫氏、ジブリのキャラに例えて人生観を語る「人間には2つの生き方がある」

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年12月07日

「キキが好きか、雫が好きかで人間は分かれる」

「ブラック企業大賞2016」ノミネート、電通など10社 ジャニーズ事務所は見送り

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月01日

ブラック企業のうち、裁判や行政処分などで問題があると明らかになった企業をノミネートしたという。

電通過労自殺、高橋まつりさんの母が訴える「命より大切な仕事はありません」

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年11月10日

「社員の命を犠牲にして業績をあげる企業が、日本の発展をリードする優良企業と言えるでしょうか」(高橋まつりさんの母、幸美さん)

はじまった職安法の改正議論、求職者を守るルールづくりを

連合 | 投稿日 2016年11月09日
連合

「本当は被害に遭っているのに気づかないケースがある。被害に遭っているという自覚のないケースも多い」そうで...

なぜ、若者は「過労自殺」するのか?ー44%が20〜30代

河合薫 | 投稿日 2016年10月27日
河合薫

過労死等防止対策推進法の定義では、「過労死」と「過労自殺」は明確に区分されているのだ。

元広告会社勤務の私が、奄美の離島・請島と与路島で打ち砕かれた仕事観

Taeko Mory | 投稿日 2016年10月18日
Taeko Mory

鹿児島県奄美大島で一番驚いたことは、出会った人々の職業がみなマルチで、『本業』や『副業』といった線引きができないことだった。

電通に憤ったみんな、その怒りをこの署名にぶつけてくれ!!

駒崎弘樹 | 投稿日 2016年10月16日
駒崎弘樹

日本のどこかで、また若者が長時間労働にボロ雑巾のように痛めつけられ、命を落としていくでしょう。

組織に潰されないための離脱・発言・忠誠

望月優大 | 投稿日 2017年03月24日
望月優大

アルバート・ハーシュマンというドイツの政治経済学者がいる。彼は、組織に所属する個人が直面する問題に対して、個人の側が取れるアクションを大きく3つの型に整理した。