ローマ法王

AP

ローマ教皇が夜になると教皇庁を抜け出す理由

バチカンのローマ教皇庁には、貧しい人たちに施す品物である「施物」(せもつ)の分配を担当する大司教がいる。そのコンラート・クラジェウスキー大司教に対して行われた最近のインタビューで、大司教は夜間に貧しい人々に施し物を与えるためにローマの街へ訪問しているが、そのときにローマ教皇も同行することがあるらしいことが明らかになった。
Getty

新ローマ法王が乗る「160万円の大衆車」

新しいローマ法王は、自らの教えを実践している。今年3月に就任した新ローマ法王フランシスコを乗せて、カステル・ガンドルフォに到着した車は、地味なフォード・フォーカスだった。[「カステル・ガンドルフォ(ガンドルフォ城)」は、歴代ローマ法王が毎年夏になると滞在してきた避暑用の城。ローマから数十キロの距離にあり、約55ヘクタールの敷地に別荘や農園が広がっている]