セックス

セックスを自分よりも求める彼女に困った...そんな時に男性が知っておくべきこと

HuffPost | Brittany Wong | 投稿日 2017年08月07日

サンフランシスコの性セラピスト、キーリー・ランキンは「男性がパートナーの女性よりも性的衝動が低い状況は、普遍的な問題です」と解説する。

私は2人の孫がいるおばあちゃん、HIV患者です。でも人に感染させることはありません

Samantha Dawson | 投稿日 2017年07月22日
Samantha Dawson

人々はよく私に最初に「どうしてこうなったのか」「どうやってHIVに感染したのか」と質問します。

「あなたのセックスの正しさ」が問われる社会が近づいてくる

熊代亨 | 投稿日 2017年07月11日
熊代亨

私たちの常識が変化して社会も変われば、プライベートな性行為に「正しさ」が求められる可能性はあり得る。

「大声じゃなくて、私のつぶやき」が世界を変える

河合真美江 | 投稿日 2017年05月02日
河合真美江

大声じゃなくて、女のつぶやき。それが響き合えば、明日の一歩が踏み出せるんじゃないか。

世界初「しゃべるラブドール」お披露目。羞恥心もインストール済み(動画)

The Huffington Post UK | Sophie Gallagher | 投稿日 2017年04月11日

「セックスは世の中で最も素晴らしいもの」

ラブドール専門の売春宿が営業開始 性産業の現場ではロボット革命が起きていた

The Huffington Post | Mary Papenfuss | 投稿日 2017年03月04日

巨乳の「ルミ・ドール」4体から1体を選べる。

「世界初のスマート・コンドーム」 持続時間も消費カロリーも計測するリング発売へ

The Huffington Post | Mary Papenfuss | 投稿日 2017年03月03日

データを友人や世界中にシェアすることもできる。

レイプされた女性が、加害者と一緒にスピーチ TEDトークで彼らが語ったメッセージとは

The Huffington Post UK | Rachel Moss | 投稿日 2017年03月03日

「今では、こうやって話すのが大切だと思うのです」

「女性のセックスや体の悩み、代弁できるの有働アナだけ」テレビの女性観は古いと指摘

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月22日

「だけど、彼女だけですよね。テレビは全体的に女性観が古いんです」(湯山玲子さん)

ジョージ・マイケルはゲイのセックスを率直に語った。その姿に、僕は救われた。

The Huffington Post | Noah Michelson | 投稿日 2017年02月12日

同性愛者のセックスは、多くの人が「恐ろしいモノ」だと感じている。

「セックスの同意」とは何か ユニーク過ぎる動画は真剣に伝える

The Huffington Post | Jenavieve Hatch | 投稿日 2016年03月09日

それはとてもシンプルだ。

HIV感染を公表して出会いを探し... 「病気をばらまくのはやめてもらえますか」

Letibee LIFE | 投稿日 2017年01月05日
Letibee LIFE

僕が経験したのは、『病気のくせに出会いを求めるな』『早く死んでください』という誹謗中傷でした。

女性が思い込んでいる、体についての10の誤解

The Huffington Post | Catherine Pearson | 投稿日 2017年02月21日

女性の体の一番の目的は、子どもを産むこと?

14世紀のリベンジポルノ? 歴史学者が最古の「Fワード」を発見

The Huffington Post | Ed Mazza | 投稿日 2015年09月16日

英語で罵る言葉として使われる「ファック」。最古の使用例と思われる文書が発見された。 世界最古の

夫と毎晩セックスをすべき5つの理由

Meg Conley | 投稿日 2015年02月21日
Meg Conley

難しい話は抜きにしましょう。こちらが、あなたが夫と毎晩セックスをすべき5つの理由です。

働く女が産んでいる。

クローデン葉子 | 投稿日 2014年07月30日
クローデン葉子

英ガーディアン紙の記事"Why have young people in Japan stopped having sex?"(なぜ日本の若者はセックスをやめた?)が大きな話題となり、Washington PostやらTIMEやら各メディアが飛び入り参加して盛り上がっていました。

1950年代から現代までの音楽マンガばかりを集めたガイドブックが凄い

林伸次(bar bossa) | 投稿日 2014年05月19日
林伸次(bar bossa)

僕は全く絵が描けないのですが、もし描けていたら絶対にマンガを描いてみたかったな、とよく思います。マンガって、たった一人で色んなことを表現できますよね。例えば歴史の物語を実写で表現しようと思ったら、セットなんかが大変です。あるいはセックスを描こうと思ったら実写ならそれなりの女優や演出が必要ですし、文章で表現しようと思ったらかなりの文章力が必要です。

現代女性のリアルな性の実態とは 『セックスペディア』著者が語る、女性が"性"を愉しむために必要なこと

ウートピ | 投稿日 2014年07月06日
ウートピ

「自由に性を愉しみたい」「友人には少し打ち明けづらい性についての悩みも解決したい」と、多くの女性が考え、そして悩んでいるのではないでしょうか? そんな平成の女子のために『セックスペディア―平成女子性欲事典―』(文藝春秋)が発売されました。今どきの女子のエロスに関する情報が盛りだくさん。性にまつわるあらゆるキーワードをわかりやすい文章と、かわいらしく爽やかなイラストとともに紹介しています。

セックスに必要な「承認」としての貨幣

宮崎智之 | 投稿日 2014年06月06日
宮崎智之

最近は世間でも、「男だから」「女だから」という古い規範へのこだわりが、だいぶ薄れてきています。しかし、だからこそ「男がおごるべき」という古い規範を持ち出す行為そのものが、男女間の機微を表すコミュニケーションとして成立するのです。

32歳の童貞のおっさんだけど、今年風俗に行ってきたんでした(完結編)

小林聖 | 投稿日 2014年03月02日
小林聖

さて、じゃあ、童貞をこじらせたおっさんが風俗に行ったからといって、ようやく承認ゲームから降りられましたよ、という話なのかといったら、そうではない。むしろ、古くさくなって機能しなくなった非モテという承認ロジックからいち早く脱出することで、別の承認を集めようとする運動に過ぎない。自意識の檻の中から、別のこじれた自意識の檻へと移動しただけだ。

32歳の童貞のおっさんだけど、今年風俗に行ってきたんでした(3)

小林聖 | 投稿日 2014年03月01日
小林聖

なぜ32歳の童貞のおっさんが今さら風俗に行く気になったのか。その入り口は、なぜ「非モテが正義」になってしまったか、というところにある。

32歳の童貞のおっさんだけど、今年風俗に行ってきたんでした(2)

小林聖 | 投稿日 2014年02月28日
小林聖

さてさて、前置きが長くなってしまったが、本題に入ろう。32歳の童貞がなんで今さら風俗に行ってきたのか、という話だ。きっかけはいろいろだった。ちょうどそのとき、仕事で性風俗がらみの案件が回ってきたというのもある。だからといって仕事で行ってきたわけではないし、行くつもりもなかったのだが、そんな話をある友人にしたら「いい機会だからいい加減風俗行ってこい」といわれたのだ。

セックスレスはSNSのせい? 最新の研究結果にツッコミ多数

NewSphere | NewSphere編集部 | 投稿日 2013年11月28日

今週、イギリスとアメリカでそれぞれ、性行動に関する興味深い研究結果が発表された。イギリスの最近の研究によると、ソーシャルメディアに夢中になり携帯デバイスを寝室に持ち込むため、イギリス人はセックスが減少しているという。世界的医学誌「ランセット」が掲載した。

「セックスしない症候群」の日本、海外はどう見ているか

The Huffington Post | 投稿日 2013年11月07日

日本に住む若い男女のセックスをめぐる状況について扱ったBBC制作のドキュメンタリー番組『No Sex Please, We're Japanese』(セックスはナシ、我々は日本人です)の国際版『高齢化する日本/ The Great Japanese Retirement』がBBCワールドニュースで11月9日に放送される。

Poorna Bell

日本の「セックスしない症候群」をBBCが特集

HuffingtonPost.jp | Poorna Bell | 投稿日 2013年10月25日

BBCが制作し、10月24日(英国時間)に放送予定のドキュメンタリー番組『No Sex Please, We're Japanese』(セックスはナシ、我々は日本人です)は、日本に住む若い男女のセックスをめぐる状況について扱っている。