選挙権

brandon king/Flickr

18歳の選挙権

先日、選挙権を与える年齢を20歳以上から18歳以上に、と改める法律が衆議院を通過した。施行はおそらくは来年の参議院議員選挙。この法律が成立すると、高校三年生の中で誕生日の来た人は投票権が与えられることになる。