占領

北方領土の今を考える

連合 | 投稿日 2016年11月27日
連合

ソ連兵がやってくるまで、恐怖の日々を過ごした日本人。「島へ帰りたい、帰りたい」と言って亡くなった人々のために私たちが今できることとは。

個人被曝線量推計、解除準備区域で年3ミリシーベルト

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年04月17日

安倍政権が福島県の避難指示区域など3自治体で行った個人被曝(ひばく)線量についての最終調査結果が17日、わかった。個人線量の測定結果に職業などの生活実態を加味して推計した。年内の帰還を目指す地域で除染の長期目標の年間1ミリシーベルトを超える年3ミリシーベルトの値も出ており、今後の帰還政策に大きな影響を与えそうだ。18日に公表される。

【3.11】「被災地で働きたかった」福島第一原発で働く作業員 ルポ漫画「いちえふ」が伝える真実

The Huffington Post | 笹川かおり | 投稿日 2014年03月11日

原発作業員として働くとは、どういうことなのか——。今回は、震災後の2012年に福島第一原発の作業員として働いた経験を綴ったルポ漫画「いちえふ―福島第一原子力発電所労働記―」を「モーニング」で発表し国内外で大きな反響を呼んだ漫画家の竜田一人(たつた・かずと)さんに、原発で働くことになった経緯や、実際の作業、下請け雇用の実態などを聞いた。