渋谷駅

 

男性がターゲット 表面化しにくい痴漢被害の実態

 「実はこの前、電車で痴漢に遭ったんだ。男なのに痴漢に遭うなんて、どっか変なのかな......」。2012年の春、友人は重い口を開いた。彼は女性と間違われるような髪型も服装もしていない。今も時々、満員電車に乗るとあのときの怖さを思い出す、と言う。
wikimedia

「渋谷駅で銃発砲」のデマ情報が拡散

7月8日、東急田園都市線の渋谷駅で「銃を発砲して暴れた男が完全防備の警官隊に捕まる事件発生」との情報がネット上で拡散し、多くの人を恐怖に陥れたが、実際にはモデルガンを見せつけていた人物が警察に連行されただけで、銃の発砲事件はなかったことが明らかになった。ネット上では真偽の裏が取れない中でデマ情報の拡散することが多いが、今回もその一つといえそうだ。