自然科学

天才数学者ラマヌジャン-「奇蹟がくれた数式」を観て:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月02日
ニッセイ基礎研究所

数学者が大成するためには、これまでに誰も考えたことのないような発想で困難な問題を解決していくことが求められる。

データにおける「当てはまり」と「滑らかさ」は、どのように折り合いをつけるか

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2015年03月24日
ニッセイ基礎研究所

通常、データにはノイズと呼ばれる不要な情報が含まれている。データをそのまま用いると、ノイズが悪影響を及ぼして、予測や検証の精度を下げてしまう場合がある。

STAP細胞と研究広報

平松正顕 | 投稿日 2014年05月24日
平松正顕

Natureに掲載された論文やその他の論文におけるいろいろな疑惑、研究不正の防止に関わることについては、自然科学の博士号を持つものとして思うこともいろいろあるのですが、ここではあくまでも「研究広報」の観点からの考察とします。