障害者差別解消法

「障害児は授業の妨げになるから特殊学級に行け」の是非

高瀬真歩 | 投稿日 2017年07月03日
高瀬真歩

「障害のある人も参加させてあげよう」ではなく、「障害のある人は本来そもそもそこにいて当たり前」の前提がもっと広がっていってくれたらなと思います。

バニラ・エアが燃えている。しかし、木島さんも燃えている。

乙武洋匡 | 投稿日 2017年06月28日
乙武洋匡

バニラ・エアが掲げる「自力で歩けない人は搭乗できない」というルールには、はたして客観的な正当性があるのだろうか。

【相模原殺傷事件】「被害者の匿名報道は障害者への差別」 親の立場から育成会の久保会長が指摘

福祉新聞 | 投稿日 2016年09月26日
福祉新聞

警察から名前を公表するか問われれば、誰だって匿名を選択するでしょう。障害者はかわいそうな存在という偏見があるからだと思います。

聴覚障害を理由に飲食店の予約を断る チェーン運営会社が抗議受け謝罪

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年07月30日

滋賀県ろうあ協会の会員7人が5月、兵庫県尼崎市の飲食チェーン店から聴覚障害を理由に予約を断られたことがわかった。

明石市が合理的配慮に全国初の助成制度 障害者差別解消で

福祉新聞 | 投稿日 2017年06月02日
福祉新聞

4月1日の障害者差別解消法施行に伴い、兵庫県明石市が同日から全国初の助成制度を始めた。

障害者差別解消法施行!障害者への入居差別はなくせるのか?

稲葉剛 | 投稿日 2016年05月05日
稲葉剛

法律の施行と国交省の対応指針によって、障害者は賃貸住宅に入居しやすくなるのでしょうか。

吃音(きつおん)、月9でドラマ化の衝撃 福山雅治主演『ラヴソング』

小口貴宏 | 投稿日 2017年04月18日
小口貴宏

第1話では、電話ができない・職場でコミュニケーションがうまくとれないといった吃音の苦悩を、ヒロイン役の佐野さくらさんがリアルに演じていた。

精神障害者に対する鉄道の運賃割引 実施は3割止まり

福祉新聞 | 投稿日 2017年03月23日
福祉新聞

精神障害者の家族でつくる全国精神保健福祉会連合会は、全国の鉄道・バス会社の運賃割引実態の調査結果を発表。割引を求める署名を集め、国会請願する方針だ。

稼げるピアサポート専門員を養成へ 千葉県

福祉新聞 | 投稿日 2017年03月18日
福祉新聞

千葉県はこのほど、統合失調症などを経験した精神障害者が「ピアサポート専門員」として働くための養成研修を実施した。

「障害者」じゃなく「障害のある人」という視点から障害者差別解消法を考えてみませんか?

高瀬真歩 | 投稿日 2017年03月05日
高瀬真歩

大切なのは、「何の障害をHaveしているか=何に困っているか」なんですよね。

自閉症の人などへの支援などを定めた「発達障害者支援法」改正案 超党派の議連が提出へ

福祉新聞 | 投稿日 2017年02月15日
福祉新聞

自閉症の人などへの早期発見などを定めた発達障害者支援法が、10年ぶりに見直されることが分かった。

2016年4月から施行される「障害者差別解消法」で学校が求められる対応

アイメディ | 投稿日 2016年10月20日
アイメディ

障がいのある子どもに対する支援や配慮が、国公立学校には義務付けられ、私立学校や民間施設などにも努力義務として課せられるようになります。

福祉用具プランナー研究ネットワークが初の研究大会 優れた福祉機器の表彰も

福祉新聞 | 投稿日 2016年07月15日
福祉新聞

福祉用具プランナーの全国組織「福祉用具プランナー研究ネットワーク」(廣瀬英紀代表、略称=プラネット)の第1回研究大会が5日に開かれ、約100人が参加した。

障害者の通所施設で口腔ケア 歯科衛生士との連携で大幅改善

福祉新聞 | 投稿日 2016年07月06日
福祉新聞

 横浜市神奈川区の重度重複障害者通所施設「若草」は、口腔清掃用機器や個々の利用者に適した歯ブラシを使い、毎日30分間の口腔ケアを行っている。

「議会から合理的配慮を」 筆談ホステス斉藤さんら障害ある議員が訴え

福祉新聞 | 投稿日 2016年06月22日
福祉新聞

障害のある現職・元職の議員が「合理的配慮をまずは議会から」と呼びかけるトークイベントが6月13日、都内で開かれた。

統一地方選、各政党の「ウェブアクセシビリティに関するJIS規格」の対応状況は

山田肇 | 投稿日 2015年06月21日
山田肇

10政党ウェブサイト、ウェブアクセシビリティに関するJIS規格への対応状況について検証したら…

参政権が制限されていることに政治は気付くべきである

山田肇 | 投稿日 2015年06月19日
山田肇

統一地方選挙後半戦がスタートした。このところ低投票率が問題になっているが、地域の未来のために、できる限り多くの有権者は投票に出向くように期待する。しかし、一方に投票ができない、参政権が制限されている人々がいることも忘れてはならない。

障害者権利条約の批准が報道されない不思議

山田肇 | 投稿日 2014年02月07日
山田肇

12月4日の参議院本会議で障害者権利条約の批准が承認された。2006年に国際連合で採択されたこの条約は138か国がすでに批准していたのだが、日本もやっと追いついた。遅れた原因は、国内法が条約の求める水準以下であるため、国内法の改正を先行させる必要があったからである。