そこにあなたがいた

嘉納愛夏

最新鋭の護衛艦からゆるキャラまで 「艦これ」に負けない「自衛隊これくしょん」

この年末年始もオンラインゲーム「艦隊これくしょん」(艦これ)が注目を集めているが、ハフポストに「そこに、あなたがいた」に連載しているフォトジャーナリスト嘉納愛夏さんから、自衛隊の写真が届いた。最新鋭の護衛艦「あきづき」から、群雄割拠の「ゆるキャラ」まで。「艦これ」に負けない日本の「自衛隊これくしょん」をどうぞ−−。
嘉納愛夏

嘉納愛夏が歩いた戦場「そこに、あなたがいた」 夏のパレスチナで出会った少女

中東へよく行っていた頃、友人知人からよく「いったい何を食べてるの?」と聞かれた。紛争地であってもその地域が戦場になっていなければ、人は普通に暮らし、職場へも出かける。食事だって同じだ。日本にいてそのような状態が想像できないのだろうが、人がいれば店はあるし、ジャーナリスト目当てにレストランを開ける店主も少なくない。時には自炊もし、意外かもしれないがきわめて普通のものを食べていた。 第2次インティファーダがアラファト解放でクライマックスを迎えたかに見えた2002年。その夏に私はパレスチナを歩いた。真夏の中東を歩く。クレージーだが、計画立案したのは当時エルサレム近郊に住んでいた日本山妙法寺の僧侶、堀越行清さんだ。行清、というのは言ってみれば坊さんネームで本名は違う。清い行いという名前に反して最高に俗っぽい坊さんで、俗にまみれた私としてはつきあいやすかった。ほかにはシュマーグ(アラブのスカーフ)を巻くと“日本のハマス”と呼ばれたライターの高橋正則さん、さすらいの絵描きの卵のノブくん。この4人でエルサレムのダマスカスゲートから出発して、ジェニンまでおよそ一週間かけて歩いたのだった。
嘉納愛夏

もしも、大規模災害で死んだら

亡くなった後、自分の遺体をどのように扱われたいか考える人はどれくらいいるだろうか。私自身は墓は要らないし葬式もしなくていい。野垂れ死にを想像し、崖から吊るされて鳥についばまれるのが生態系としていいのではないだろうか、と30代半ば頃まで考えていた。いわゆる日本人の「常識」から大きく乖離していることはわかっていたが、常識ほどあてにならないのも知っていた。「普通」に「病院」で死ねば恭しく弔われ、家族に引き取ってもらって通夜葬儀火葬納骨と続くだろうが、もし旅先でアクシデントに巻き込まれれば…? いくつかの災害現場で遭遇した現実を詳らかに記したい。
嘉納愛夏

10年前、イラクで本当にあったこと―連載フォトジャーナリスト・嘉納愛夏が歩いた極限の地「そこにあなたがいた」

 戦場や被災地など極限の土地を取材し、そこで生きる人たちの姿をレンズを通して見つめてきたフォトジャーナリスト、嘉納愛夏さんの連載「そこに、あなたがいた」が始まります。初回はイラクです。10年前、戦争が起こる前夜にイラクではどのような日常があったのか。そして、サダム・フセイン政権崩壊後の人々の表情は。あの戦争に立ち会った嘉納さんが撮影した写真、一枚一枚に“人生”が写っています。