スタンフォード

スタンフォード大のレイプ犯が出所する――ブログで抗議の声をあげましょう

Elaine Ambrose | 投稿日 2016年08月31日
Elaine Ambrose

このテーマの記事を書いて投稿してください。

ヒラリー・クリントン氏、スタンフォード大レイプ事件被害者の勇気を讃える「大きな貢献をしてくれた」

The Huffington Post | Sam Stein, Tyler Kingkade | 投稿日 2016年06月15日

「これはとても勇気がいること。私は彼女が他の人々のために大きな貢献をしてくれたと思っています」

人型水中ロボットが水深100mに沈む17世紀の難破船調査に成功

Engadget 日本版 | 投稿日 2016年04月29日
Engadget 日本版

人間に近い形状を持つOceanOneは、人間が潜るには危険な水中環境において、人間と同様の動きを行える点に特徴があります。

バーチャルリアリティでスポーツ選手を売り込む? スタンフォード大の新たな試み【動画】

TechCrunch Japan | 投稿日 2015年12月11日
TechCrunch Japan

テクノロジーに長けたスタンフォード大学は、Christian McCaffrey選手をバーチャルリアリティーで売り込むことにした。

ドローン記者 ケニアからの挑戦(竹下隆一郎)

朝日新聞メディアラボ | 投稿日 2016年10月04日
朝日新聞メディアラボ

ドローンによって、記者たちは、これまでとはまったく違う切り口で、世界を観察できる。

「英断」を期待するのではなく、「意思決定の質」を上げよう 誰にでもできる6つのコツ

籠屋邦夫 | 投稿日 2016年08月23日
籠屋邦夫

「意思決定力」とは、「意思決定の質を高める能力」のことです。

「スローガン経営とチアリーディング」の限界と弊害

籠屋邦夫 | 投稿日 2016年08月10日
籠屋邦夫

高度成長期をはるかに過ぎた今日、戦略的マネジメントが勝負を分けることになる。日本企業が弱くなった背景として、戦略的マネジメントの中核が意思決定にあるという認識が極めて弱いことがある。

「スピーディ」な意思決定は間違い!?

籠屋邦夫 | 投稿日 2016年08月04日
籠屋邦夫

「意思決定はスピードが最も重要!」という言葉はよく耳にしますね。しかし私は『スピード妄信』は大いなる勘違いだと考えています。

インテリジェントエイヤ!とKKDD(=勘と経験と度胸とど根性)と

籠屋邦夫 | 投稿日 2016年08月01日
籠屋邦夫

不確実性を、統計確率でも客観確率でもなく人間の主観で読むことで一向に構わないのです。

あなたの悩みを解決する「熟断思考」とは

籠屋邦夫 | 投稿日 2016年07月28日
籠屋邦夫

熟断思考を例えばどんな課題に適用してどんな結論が出るのかを、まずはザックリとしたイメージを持ってもらうために、ケースをあげて簡単に紹介しましょう。

その判断、単なる「エイヤ!」で決めていいんですか?

籠屋邦夫 | 投稿日 2016年07月24日
籠屋邦夫

会社の中ではよく、重大な意思決定の時でさえも「これはエイヤで決める!」といった言葉が飛び交っているかと思います。

日本企業がシリコンバレーでうまくいっていない理由

ケイシー ウォール | 投稿日 2016年06月20日
ケイシー ウォール

日米はビジネス価値観が共通で、相互の市場への進出はかなりの数ですが、日本市場に進出した米国企業の6割は2年以内に日本市場から撤退しているというデータがあります。

仏教について考えるだけで思いやりが深くなることが判明

The Huffington Post | Carolyn Gregoire | 投稿日 2015年04月11日

新たな研究によれば、ただ仏教用語に触れるだけで、仏教徒であるかどうかにかかわらず、積極的な寛容さと慈悲の気持ちを引き起こすことができるという。

「アメリカの大学はコピーできないし、コピーする必要もない」日本の大学が生き残るためには

竹内健 | 投稿日 2015年01月04日
竹内健

いま、日本の大学は文科省指導の下、改革されようとしています。日本の大学はアメリカの大学のやり方をコピーしただけでは機能するはずもなく、かといってこのままでは良くないのも明らかで、今野先生の本には深く考えさせられました。

スタンフォードを超える「シリコンバレーの大学」? 一流テック企業の授業が受講できるオンライン学習サービス「UDACITY」とは

HRナビ by リクルート | 投稿日 2015年01月28日
HRナビ by リクルート

UDACITYは、テクノロジー業界が作る「新しい形の大学」です。Web開発、フルスタックエンジニア、モバイル開発、データ・サイエンスに至るまで、今まさに業界で注目されるテーマについて、ここでしか学ぶことができない授業を提供しています。

フィールズ賞、女性が初受賞 イラン出身のマリアム・ミルザハニさん

朝日新聞デジタル | 投稿日 2014年08月13日

国際数学連合は13日、イラン出身のマリアム・ミルザハニ米スタンフォード大教授(37)ら4人をフィールズ賞受賞者に選び、韓国ソウルで始まった国際数学者会議で発表した。賞ができた1936年以来、女性が受賞するのは初めて。

貧困の苦難を自制心で乗り越える――荒廃した学校を立て直す「マインドフル・スクール」プロジェクト

MiLI | 投稿日 2014年06月26日
MiLI

目の前のマシュマロを15分間食べることを我慢できた子供は、成長してからの学力や収入、社会的地位、健康状態までもが、平均して高い大人になる――。そんな、「マシュマロ・テスト」と呼ばれる有名な研究報告がある。これはスタンフォード大学のウォルター・ミシェル博士らによる研究で、186人の4歳児を対象に行われた。対象になった子どもたちを追跡調査し、子供の社会行動調査の中で最も成功した調査の一つとされているものだ。