海嘯

「5年9カ月間、見つけてあげられなかった娘。喜びよりもつらさと憤りが湧いてきます」津波で家族3人を亡くした木村紀夫さん

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月17日
喜浦遊

「私の力ではなく全て娘が連れてきてくれたのだと、最近は特に強く感じています」(木村紀夫)

「あそこで子どもを抱いてしまっていたら、私は仕事に戻れただろうか」4人の子と離れ、防災無線で避難を呼びかけ続けた大熊町職員の記憶

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月16日
喜浦遊

「必ず避難のバスは来ます」と伝えないと、パニックになり、けが人などが出たら大変だと考えました。

「『原発は安全』という考えが染みつき、危険性への認識も薄れていました」大熊町長・渡辺利綱が語った震災からの6年

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月14日
喜浦遊

毎朝、「今日はどんな一日になるのか」とその日のことすら見通せませんでした。

避難場所と避難所の違い

河野太郎 | 投稿日 2017年06月10日
河野太郎

いざというときに、どちらを目指したらよいのか、どういう災害の時には、どこを目指すのか、しっかりと確認しておいてください。

洪水の恐れある福祉施設、避難訓練が義務に 改正水防法 成立

福祉新聞 | 投稿日 2017年05月23日
福祉新聞

洪水や土砂災害の恐れがある地域に立地する高齢者施設などに、避難計画の作成・避難訓練の実施を義務付けることを柱とした改正水防法などが成立した。

3・11後の「不思議な体験」について〜『魂でもいいから、そばにいて』

雨宮処凛 | 投稿日 2017年03月22日
雨宮処凛

死者・行方不明者1万8000人余。こうして数字で書くのも憚られるほど、一人ひとりが誰かの「大切な人」だった。

原発訴訟で国と東電の過失認める 前橋地裁で初判決「予見可能だった」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月17日

東京電力福島第一原発事故で群馬県に避難した人や家族ら137人が国と東電に1人当たり1100万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が17日、前橋地裁であった。

東日本大震災から6年経った今伝えたい、未来へのメッセージ

連合 | 投稿日 2017年03月21日
連合

「助け合い・支え合い」の実践を通じて結ばれた「絆」の尊さを再認識し、いま一度、被災地に寄り添い続ける思いを行動で示していきたい。

吉川慧

【3.11】「復興したとはまだ言えない」 東日本大震災から6年、気仙沼の街はいま

HuffingtonPost.jp | 吉川慧 | 投稿日 2017年03月11日

東日本大震災から6年が経った2017年3月11日、気仙沼の街を歩いた。

【3.11】午後2時46分、気仙沼から生中継 東日本大震災から6年、あの海はいま

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2017年03月11日

ハフィントンポスト日本版では3月11日、宮城県の気仙沼から太平洋の様子を公式Facebookページで生中継します。

泉谷由梨子

【3.11】東日本大震災を経験したセクシュアル・マイノリティの人々が、「わかりづらい話」を集める理由

HuffingtonPost.jp | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年03月09日

震災を記録した手記として寄せられた文章に、様々な記憶が綴られている。

【3.11】もしも、津波が銀座を襲ったら...「ちょうどこの高さ」 東日本大震災の大船渡を想像させる広告

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年03月09日

「この高さを知っているだけで、とれる行動は変わる。あの日を忘れない。それが、一番の防災」

自動運転の普及と津波避難対策-完全自動運転が普及した社会を想像する。その1:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年12月28日
ニッセイ基礎研究所

自動運転に関する文献も増える中、完全自動運転が普及した社会が見えてくる。想像を膨らませ、完全自動運転が当たり前になった社会を、まちづくりの視点から考えてみたい。

若き津波防災大使たちと、尊い命を守る挑戦を―「世界津波の日 高校生サミット in 黒潮」によせて

Toshihiro Nikai | 投稿日 2016年11月23日
Toshihiro Nikai

津波をはじめ水害や地震が起きても、一人の命も失わない。その信念に基づき、「尊い命を守る挑戦」を世界中の皆さんとともに続けていきたい、そう願っています。

ポケモンGO、津波警報で「ラプラス」の出現停止 公式Twitter「状況が確認できるまで」

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年11月21日

宮城県・福島県の太平洋沿岸に津波警報などが発令されたことを受けて、スマートフォン向け「ポケモンGO」公式Twitterは同日、東北地方の沿岸部でポケモン「ラプラス」の出現を停止すると発表した。

【福島県沖地震】宮城県多賀城市、逆流する砂押川 Twitterに動画が投稿される

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年11月21日

宮城県多賀城市の多賀城駅近くの砂押川で、津波が押し寄せる映像が撮影され、Twitterに投稿された。

津波を侮らないで 50cmなら成人男性8割が流される【動画】

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年11月21日

津波が数十センチと聞くとたいしたことがないように思われがちだが、津波が50cmになると成人男性の8割が流されるという。

【M7.4】福島・茨城・栃木で震度5弱 仙台港で1m40cmの津波観測(UPDATE)

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年11月21日

11月22日午前5時59分頃 、福島沖を震源とする地震があり、福島県中通りや浜通り、茨城県北部、栃木県北部で震度5弱を観測。気象庁は福島県に津波警報を発令した。

東日本大震災の被災地調査「住宅被害→認知症進行」影響が明らかに

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年11月21日

大規模な調査で裏付けられたのは本研究が初めてだという。

映画『家族の軌跡 3.11の記憶から』の大西暢夫(のぶお)監督に、今後の東日本大震災の応援の方向性について聞く

塩沢淳子 | 投稿日 2016年11月07日
塩沢淳子

他者からはゴミにしか見えないその瓦礫が、被災した人たちにとっては大切な生活品であり、家族との思い出の品々だった。

「地域医療を考える人はだれ??」福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記第9回

高野己保 | 投稿日 2016年11月14日
高野己保

平成30年4月をめどに、双葉郡富岡町に「ふたば医療センター(仮称)」30床が開院されます。しかし、総事業費のことを聞き、複雑な感情を持たざるを得ませんでした。

大川小の津波訴訟、遺族側が勝訴 14億円の賠償命令

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月26日

仙台地裁(高宮健二裁判長)は10月26日、市と県に約14億円の賠償を命じる判決を言い渡した。

「『最悪のシナリオ』と呼ばれたシミュレーションがあった」福島第一原発 と官邸の15日間

寺田学 | 投稿日 2016年09月06日
寺田学

恣意的な事故調報告や、関係者の自己弁護的な自筆本に違和感を覚え、当時34歳だった自分の弱虫さを含め、記憶を淡々と書くスタイルにしました。

「ひ弱い人間が、決死の覚悟でようやく一矢報いた」福島第一原発と官邸の15日間

寺田学 | 投稿日 2016年09月06日
寺田学

17日朝。早朝より緊張が高まる。現場の線量は相当高く、隊員の健康が気にかかる。もう後がない環境だということも、官邸で画面を見つめる人間の総意だった。

東電幹部「はい!じゃ、退避の文章案、読んでみて!」 福島第一原発 と官邸の15日間

寺田学 | 投稿日 2016年09月06日
寺田学

「正直に記すことが被害に遭われた方や未来の方々への微かな誠意と思っております」と語る寺田氏の証言をハフポスト日本版でお届けします。