ウラン

原子力の現実 〜 今や商業化前夜の核燃料サイクルと、夢の海水ウラン研究開発

石川和男 | 投稿日 2016年11月08日
石川和男

海水ウランが活用できるようになれば、日本のエネルギー自給率は飛躍的に向上し、日本のエネルギー安全保障の水準も相当上昇する。

「もんじゅ」廃炉へ最終調整 しかし高速増殖炉の開発は続く(年表)

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年09月21日

事故とトラブル続きで実際に稼働したのは4カ月。年間200億円の維持費を食い続ける「金食い虫」として、大きな批判にさらされてきた。

猛毒元素ポロニウム

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2016年03月25日
ネイチャー・ジャパン

猛毒元素ポロニウムの発見は、誕生したばかりの放射化学という分野に初の論争を巻き起こす。

宇宙の錬金術師は中性子星の合体か

サイエンスポータル | 投稿日 2014年09月22日
サイエンスポータル

宇宙の元素形成の研究で新しい成果が生まれた。地球上に存在する金や銀、ウランなど鉄より重い元素が中性子星の合体によってつくられた可能性が高いことを、理化学研究所理論科学連携研究推進グループの和南城伸也(わなじょう しんや)研究員と京都大学基礎物理学研究所の関口雄一郎特任助教らがスーパーコンピューターの数値シミュレーションで突き止めた。

東海村で保管の核物質、アメリカに引き渡しへ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年03月23日

茨城県東海村の原子力研究施設に核爆弾への転用が比較的容易な高濃縮ウランやプルトニウムが計500キロあることへの懸念が、米政府から日本政府に伝えられていたことが非営利の米報道機関「センター・フォー・パブリック・インテグリティー(CPI)」と朝日新聞の共同取材でわかった。

日本の原発停止で、米ウラン濃縮企業が経営破綻

The Huffington Post | 投稿日 2014年03月06日

日本の原発が停止したことで、アメリカの濃縮ウラン企業・ユーゼックが経営破綻した。

ベトナムの使用済み核燃料を日本に持ってこられるか

河野太郎 | 投稿日 2013年12月08日
河野太郎

日本がベトナムと結んだ原子力協定には、ベトナムの使用済み核燃料を日本が引き取ると書いてあるというまことしやかなデマが一部で流布されているようだ。

日本原燃視察

河野太郎 | 投稿日 2013年12月02日
河野太郎

この日本原燃の濃縮施設は、現在、国内で稼働している唯一のものであり、その能力は(極秘)SWU。回転速度マッハ(極秘)、高さおよそ(極秘)mの濃縮装置が(極秘)ユニット稼働している。ここだけは同行したメディアはすべて立ち入りを認められず。