W杯

getty

ブラジルW杯、こんな面白い決勝は何年ぶりだろう? テクニックのドイツに守備の文化で対抗したアルゼンチン

決勝戦というのは、得てして安全第一の消極的な試合になることが多い。だから、よく「準々決勝あたりが最も面白い」などと言われるのだ。実際、過去のワールドカップ決勝を思い返しても、本当に面白い試合の記憶はあまりない。
Getty Images

メッシ、失意のMVP 悲願の優勝逃し「個人表彰は何の意味もない」【ワールドカップ】

サッカーのFIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月13日、決勝でドイツがアルゼンチンを1-0と下し、24年ぶり4度目の優勝を飾った。試合後にMVPにあたる「ゴールデンボール賞」が発表され、準優勝したアルゼンチン代表のメッシが選ばれた。優勝を逃したメッシは、失意のままトロフィーを受け取った。スポニチなどが報じた。
Twitter/VejaSP

ブラジル国旗を燃やすサポーター ワールドカップで歴史的大敗【画像】

7月9日、サッカーワールドカップで開催国ブラジルが、ドイツに歴史的な大敗を喫したことを受けてブラジル人サポーターの間で落胆と怒りが広がった。ブラジル代表が5点を失った直後のハーフタイムで、リオデジャネイロに集ったサポーターが国旗を燃やしている写真を現地メディアがツイートしている。
Phil Walter via Getty Images

メンタル・フィジカルの差を実感。韓国も数的優位の状況でベルギーに完敗。無勝で敗退

日韓は宿命のライバルでもあるが、お互いの状況を参考にしながら改善できるところは少なくない。今大会の惨敗という結果を踏まえ、それぞれのいい面、悪い面を今後の代表強化に活かしていくことが、アジアのレベルアップに繋がるのではないだろうか。