Woman

Eric Audras via Getty Images

日本女性がイキイキ(というよりキャピキャピ?)働ける社会とは

以前、日本に住んでるアメリカ人の友人が、「日本の奥さんは絶対権力を持っている」と冗談めかして言ってた・・・という記事をネットに書いて、結構な評判になったことがあります。彼と彼の奥さんがふたりとも私の妻の大学時代からの友人で、言葉の問題で話し相手がいなくて寂しがってる・・・というので三重県の山奥まで会いに行った時に、彼ら3人の若いころが写っている大学時代の写真のアルバムを見ている時に出た話なんですけど。
 

宇宙が職場のワーキングマザー、山崎直子さんはどう宇宙飛行士となり子育てしてきたか

現在2歳と小学校高学年の2児の母でもある山崎直子さん。「ミッション[宇宙×芸術]―コスモロジーを超えて」を開催中の東京都現代美術館で行われた講演会では、夏休みの自由研究向けに森永製菓とJAXAのコラボ「おかしな自由研究」も紹介された。宇宙飛行士になりたい方、仕事も子育ても頑張りたい方にとって、日本で初めて母として 宇宙にいった山崎直子さんは憧れの存在ではないでしょうか?
 

8割の女性が、男性のTシャツから乳首が浮いてるのは「気持ち悪い」

夏の暑い時期、Tシャツ1枚で出かける男性は少なくないでしょう。ピタッとしたTシャツを着ている男性も多く、ふと見たら乳首が浮いていることってありませんか? 筆者も豆乳首系男子なので、気づいたら乳首が浮いてて恥ずかしい気持ちになりながらも、どうすることも出来ずに純情な感情が空回りすることがよくあります。
Michael H via Getty Images

女性の寿退社、「迷惑」が約4割 「何回も産休取るなら辞めてほしい」との声も

WEBサイト『法律事務所検索サポート』などを運営する日本法規情報が先ごろ、運用情報やユーザー(男女1109人)へのアンケートをもとにした、職場環境における『女性の寿退社に関する意識調査』の結果を発表した。『自分の職場で寿退社をする女性がいたら、どのような感情を持つのか』という設問では【何とも思わない】が57%を占めるも、【正直迷惑】と考える人が全体の4割に。同性からも“寿退社”に対してネガティブな印象があることが浮き彫りとなった。
J. Clarke via Getty Images

人はなぜ「マウンティング」をしたがるのか

「マウンティング女子」なる言葉が大流行しているようだ。マウンティングとは、動物が相手の背に乗って個体間の優位性を示す行為のこと、であるらしい。サルなんかが実際にこれをやっているのをテレビなどで観たことがある人も多いかもしれない。これが人間の女性の間でも行われているというのだ。
Tadamasa Taniguchi via Getty Images

アメリカ人『日本の女性は絶対権力を持っている』?

前回、ゴールデンウィーク中に半日話し込んだ「非常に政治的なアメリカ人青年との対話」についての記事を書きました。そういう「政治的」な話以外で彼との対話で一番面白かったのは、「日本の女性は(意外にも?)凄い権力を持っている」という話でした。その話は、彼ら夫婦(と私の妻)の若いころが写っている大学時代の写真のアルバムをみんなで見ている時に出たんですけど。
 

「女なんかめんどくせ」の人、西島秀俊

テレビで顔を見ない日はないくらい大ブレイク中の俳優、西島秀俊の「熱愛報道」についてワイドショーでやっていたのをぼんやり見ていたら、西島氏が相手の女性に求める結婚の条件というのが出てきて、ちょっと笑ってしまった。
ADEM ALTAN via Getty Images

イラン:女性活動家の解放を 女性の権利活動家の窮状を示す3人の投獄

国際女性デーは、イランで投獄中の勇気ある女性たちに光を当てるべき機会だ。女性たちは国民の権利を訴えたり、差別的な国内法の全面見直しを求めただけで拘禁されている。こうした女性活動家の拘禁は、イラン政府が自国民から最も基本的な権利を奪っていることを浮き彫りにするものだ。
The Huffington Post

狩猟女子・畠山千春さんに聞く、いのちの食べかた【Woman's Story】

都会で働いていた普通の20代だった畠山千春さん(写真)は、東日本大震災をきっかけに、動物の狩猟や解体を行う“狩猟女子”となった。現在は、九州のある地方でシェアハウスを運営し、新米猟師として狩猟を学びながら、鶏を絞める解体ワークショップや講演を各地で開催している。
Walt Stoneburner/flickr

大人になってからでは遅すぎる! 性被害経験者が語る、女性が思春期に知っておきたかった性知識

先進国の中では遅れていると言われる日本の性教育。最近では、自主的に性教育に取り組んでいる個人や自治体もクローズアップされているが、皆さんはかつての性教育に意味があったと感じているだろうか。もしあの頃、必要な性知識を身に着けていたら? 大人の今だから思う、女性が思春期に受けておきたかった「性教育」について、複数の女性たちに取材した。今回はその声を3つ紹介する。