WOMANSSTORY

The Huffington Post

「最高級の編みもの、仕事の誇りに」 気仙沼ニッティングの御手洗瑞子さんに聞く、ある東北の働きかた

気仙沼の女性たちが手づくりしたニットを製造・販売する「気仙沼ニッティング」のお店メモリーズは、気仙沼港を見下ろす高台にあった。東日本大震災をきっかけに誕生した、この小さなベンチャー企業の歩みや働きかたについて、同社代表取締役社長の御手洗瑞子さんに聞いた。
美奈子アルケトビ

アラブの砂漠で200匹の動物たちと暮らす"はなもも"さんに、その理由を聞いてみた(画像)

ガゼル、ラクダ、イヌ、ハト、ウマ、ネコ、ウサギ、ウシ、ヤギ、ヒツジ、ニワトリ……。砂漠の家で、11種約200匹の動物たちと暮らす家族がいる。アラブ首長国連邦(UAE)人の男性と結婚後、現地に移住した美奈子アルケトビさん一家だ。日本に帰国した美奈子アルケトビさんに、UAEの砂漠で動物たちと暮らしはじめた理由や、個性豊かな動物たちとの暮らしについて聞いた。
Kaori Sasagawa

社会のニューヒーローは高知にいた――映画『0.5ミリ』安藤桃子監督に聞く"高齢化社会の未来"

「おしかけヘルパー」と“ワケありクセあり”高齢者との交流を描いた、安藤サクラ主演の映画『0.5ミリ』が11月8日、有楽町スバル座他で公開された。脚本・監督を手がけたのは、安藤サクラの実姉・安藤桃子さん。社会の居場所をなくした高齢者にスポットをあてた本作は、8年におよぶ祖母の介護が原体験となって誕生したという。
Kaori Sasagawa

がん患者が心安らげる空間「マギーズセンター」とは? 24歳で乳がん経験、鈴木美穂さんに聞く

2014年9月、東京に“がん患者と支える人の相談センターを作る、「maggie’s tokyo project」(マキーズ東京プロジェクト)がスタートした。イギリス発祥の「マギーズセンター」とは何か。がん患者のサポートには、何が大切なのか。マギーズ東京プロジェクトの共同代表で、24歳に乳がんを経験した鈴木美穂さんに話を聞いた。
福岡諒嗣/Gekko

「大切なのは自分が何をしたいか」(八木沼純子さん) ハフポスト日本版イベント「ジョブチェンジする働きかた」開催

8月13日、カルガリーオリンピックフィギュアスケート日本代表で、現在はプロフィギュアスケーター、キャスターとして活躍する八木沼純子さんをゲストに招き、ハフィントンポストイベント「ジョブチェンジする働きかた~~選⼿からキャスターへ~」が東京・神田のcafe 104.5で開催された。
Yuko Kawashima

「与えたことは財産になる」 経営ストラテジスト・坂之上洋子さんに聞く仕事の楽しみかた

7月、東京・恵比寿で開かれた、アフリカでボランティア活動をしているプラ子ちゃんこと栗山さやかさんのためのチャリティイベントに、30代を中心とした一般女性が集まっていた。「よーこさんにゆるく相談する会」と題されたこのイベントには、京都や青森など地方から参加した女性もいた。